メルセデスベンツ「G500L」がマイナーチェンジ

2001.06.06 自動車ニュース
 
 
010606_014.gif

メルセデスベンツ「G500L」がマイナーチェンジ(6/6)

ダイムラークライスラー日本は、メルセデスベンツのクロスカントリー4WD「Gクラス(かつてのゲレンデバーゲン)」の最上級グレード「G500L」をマイナーチェンジし、2001年5月31日に発売した。4月に先行発売された、3.2リッターV6モデル「G320」同様、内外装の意匠変更と装備、機能の充実が主な内容となる。

機能面では、電子制御5段ATに、フロアのATシフターを左右に振ることでシフトアップ/ダウンが可能な「ティップシフト」を採用したのが最大の特徴。また、急勾配やオフロード用の「クロスカントリーギア」へスイッチひとつで切り替えられるようになった。

加えて、後方の障害物を感知する「パークトロニックシステム」やメモリー機能付き前席パワーシート、電動チルト/テレスコピックステアリングホイール、盗難防止警報システムなどを採用したのが新しい。

内装では、メーターパネルやセンターコンソール、ドアトリムなどのデザインを一新し、操作性を向上。さらに、快適装備のクライメイトコントロール、マイクロエアフィルター&チャコールフィルター、安全装備のフォースリミッター付き前後席プリテンショナーシートベルトなどを備えた。
外観では、ボディ同色バンパーやクローム調のストライプ付きサイドプロテクションモールを採用、トップグレードたる高級感を演出した。

価格は、1050.0万円。

(webCG 有吉)
 

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Gクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る