日本GM、「オペル・アストラ」の2ドアクーペを発売

2001.06.06 自動車ニュース
 
 
010606_015.gif

日本GM、「オペル・アストラ」の2ドアクーペを発売(6/6)

日本ゼネラルモーターズは、オペル「アストラ」に、5人乗りの2ドアモデル「クーペ」をラインナップに加え、2001年7月7日から販売を開始すると発表した。

「アストラクーペ」は、既にランナップされる4ドアセダン、5ドアハッチバック、5ドアワゴンに次ぐモデル。独アダムオペルAGと、イタリアのカロッツェリア「ベルトーネ」社が、「Beautiful and Powerful」を基本コンセプトに共同開発したもの。「イタリアのラテン的な美とドイツの技術力の両立」が謳われる。

全高をベース車から30mm下げたボディにより、「クーペではトップレベル」(プレスリリース)のCD値(空気抵抗係数)0.28を実現。さらに、車両の重心点を20mm低く設定し、クーペ専用のスポーツチューニングを施したサスペンションを装着。スポーティなハンドリングの実現を目指した。ボディの約70%に高張力鋼板を用い、ねじれ剛性はセダン比約50%も向上したという。

パワーユニットは、ハッチバックとワゴンのスポーティグレード「Sport」と同じ、オールアルミ製の2.2リッター直4DOHC16バルブ「ECOTEC」エンジン。最高出力147ps、最大トルク20.7kgmを発生する同ユニットは、2005年から施行予定のヨーロッパ排出ガス規制「EURO−4 」に対応する。トランスミッションは4ATだ。

装備面では、ディンプル加工された革巻きステアリングホイールを採用し、「室内に乗り込む瞬間からスポーティなドライビングを予感させる雰囲気」(リリース)を演出した。さらに、高級オーディオメーカー、ナカミチのMD/CDプレーヤーと6スピーカーを装着。安全装備として、前席エアバッグ、サイドエアバッグ、ABS、トラクションコントロールなどが備わる。

右ハンドル仕様のみで、価格は、アストラシリーズトップの293.0万円。

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2004.11.1 試乗記 オペル・アストラ 1.8 Sport(4AT)/アストラ 2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……291万2500円/334万9500円

    可変ダンパー「CDC」、2リッターターボ+6MTを武器に、オペルが強豪ひしめくセグメントに送り込むニューモデル「アストラ」。スポーティさでイメージ転換を図るブリッツマークのニューモデルに、『webCG』記者が試乗した。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗記(後編)】 2004.4.29 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    多彩な電子制御を搭載するオペルのニューコンパクト「アストラ」。試乗に供されたのは、1.6と2リッターの2車種だった。南仏から、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)【海外試乗会(前編)】 2004.4.28 試乗記 オペル・アストラ1.6&2.0ターボ(2ペダル5MT/6MT)

    2003年のフランクフルトショーで登場、新たなイメージをアピールしたオペルのニュー「アストラ」。競争激甚なファミリーカー市場に挑戦するニューカマーの武器は何なのか? 『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が報告する。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


ホームへ戻る