ボルボ、旗艦「S80」に本革パッケージを追加

2001.06.07 自動車ニュース
 
 
010607_018.gif

ボルボ、旗艦「S80」に本革パッケージを追加(6/7)

ボルボカーズジャパンは、フラッグシップ「S80」の最上級グレード「T-6」に、本革シートなどを奢った「エクスクルーシブパッケージ」をオプションとして追加設定、加えてシリーズラインナップを変更し、2001年6月5日に発売した。

「エクスクルーシブパッケージ」の最大の特徴は、「プレミアムレザーコンフォートシート」だ。通常ボルボで使用する革より厚みを約30%増した、北ヨーロッパ産の牛原皮「セミアニリンレザー」を採用。ニュートヨタ・セルシオでも話題になったコレは、なめし加工にクロムを使わず、天然素材を用いて、「自然な風合いとソフトで滑らか」(プレスリリース)に仕上げたもの。

最上級グレードに相応しく、装備も充実。通常モデルより後席を約20mm後ろへ下げて広くなった室内には、ウッド調のレザーステアリングホイール、前後席シートヒーター、リアウィンドウに備わる電動サンブラインド、電源ソケットとカップホルダーの付いた後席アームレストを装着。オーディオは、CD/MDプレーヤー内蔵AM/FMステレオで、200Wのハイパワーアンプと13スピーカーが組み合わされる。外観では、「S80 Exclusive」のエンブレムと、17インチアルミホイールが特徴となる。

「エクスクルーシブパッケージ」のオプション価格は、30.0万円。つまり装着車は680.0万円。

なお、2.9リッター直6エンジンを搭載した「S80 2.9」は、仕様変更にともない30.0万円値下げされ、550.0万円。直5エンジンモデル「S80 2.4」がカタログから落とされたため、S80は「2.9」と「T-6」の6気筒モデルに統合された。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
S80ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボS90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.3.29 試乗記 ボルボの最新テクノロジーを北欧ならではのデザインで包んだフラッグシップセダン「S90」。新世代プラットフォーム「スケーラブル・プロダクト・アーキテクチャー」がもたらす走りを、ツインチャージャーエンジンを備えた最上級グレードで確かめた。
  • ボルボS60ポールスター(4WD/8AT)/V60ポールスター(4WD/8AT)【海外試乗記】 2016.4.19 試乗記 モータースポーツのテクノロジーが注ぎ込まれた「ボルボS60/V60ポールスター」が進化を遂げて帰ってきた。エンジンを3リッター直6ターボから2リッター直4ツインチャージャーに改め、367psに強化された新型の走りやいかに?
  • ボルボの「60シリーズ」に装備充実の新グレード登場 2017.8.22 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月22日、「S60/V60/V60クロスカントリー」の一部仕様を変更し、販売を開始した。ベーシックグレードの「タック」および充実した装備を誇る「クラシック」グレードが追加設定された。
  • 「日産リーフ」がフルモデルチェンジ 航続距離は400kmに 2017.9.6 自動車ニュース 日産自動車は2017年9月6日、電気自動車の「リーフ」をフルモデルチェンジした。同年10月2日に発売する。2代目となる新型は、航続距離を大幅に伸ばすとともに、日産のインテリジェントドライビング技術によって、より楽しく快適な運転を実現したのが特徴である。
  • 「ホンダN-BOX」がフルモデルチェンジ 2017.8.31 自動車ニュース ホンダの軽トールワゴン「N-BOX」がフルモデルチェンジ。2代目となる新型は、新開発のプラットフォームを採用するなど、車両のすべてを従来モデルから一新。助手席ロングスライド機構をはじめ、さまざまな新機軸が取り入れられている。
ホームへ戻る