ホンダ、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を改良

2001.06.07 自動車ニュース
 
 
010607_016.gif

ホンダ、「アコード/トルネオ」「アコードワゴン」を改良(6/7)

本田技研工業は、「アコード/トルネオ」と「アコードワゴン」を一部改良、「アコード/トルネオ」にスポーティグレード「SiR Euroパッケージ」を新設定し、2001年5月31日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、内外装の変更、オーディオ装備の充実などが図られた。「アコード/トルネオ」では、オーディオレス仕様の「1.8VTE」を除く全車で、カセットからCDプレイヤーにグレードアップ。いっぽうの「アコードワゴン」では、カセットからMDプレーヤーに変更した。加えて、アコードワゴン「SiR」の特別仕様車「スポーティア」に、6連奏CDチェンジャーを採用した。

アコードワゴン「2.3Vi」と「2.3VTL」は、シート地をグレーからブラックに変更。「Vi」にエアロパーツ、アルミホイールなどを与えた特別仕様車「プライベートスタイルX」も、同様の変更を受けた。

価格は、従来モデルから据え置かれた。「アコード/トルネオ」が、「1.8VTE」の155.3万円(FF、5MT)から、「EuroR」の253.3万円(FF、5MT)まで。アコードワゴンは、「2.3Vi」の209.8万円(FF、4AT)から、「SiR スポーティア」の276.8万円(4WD、4AT)まで。

アコード/トルネオに加わった「SiR Euroパッケージ」は、2リッター直4VTEC(180ps/7000rpm、19.6kgm/5500rpm)を搭載したスポーティグレード「SiR」を、さらにスポーティーに飾ったグレード。ボディ同色のロアスカートを、フロント/サイド/リアに装着、スポーツモデル「EuroR」と同じ、ベージュゴールドに塗られたアルミホイールを備えたのが特徴となる。またシート地とドアトリムにブラックとベージュを配し、力強さを演出した。価格は、「SiR」の15.0万円高、234.8万円。なお、「SiR Sパッケージ」は今回からなくなった。

(webCG 平山)

本田技研工業「アコード」:
http://www.honda.co.jp/ACCORD/
同「トルネオ」:
http://www.honda.co.jp/TORNEO/
同「アコードワゴン」:
http://www.honda.co.jp/ACCORDwagon/

 
 
関連記事
  • ホンダ・アコード ハイブリッドEX(FF)【試乗記】 2016.6.13 試乗記 誕生から40年を迎えた今年、「ホンダ・アコード」が大幅なマイナーチェンジを受けた。よりパワフルかつトルクフルに進化したパワーユニットの出来栄えはいかに? 変更されたエクステリア、インテリアの印象と併せて報告する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2015.4.15 試乗記 10年ぶりに登場した新型「ホンダ・レジェンド」に試乗。ホンダの誇る最高級セダンの実力を確かめるとともに、その課題を探った。
  • ホンダ、新型「N-BOX」の情報をウェブで先行公開 2017.5.25 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月25日、同年秋に発売を予定している新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジ 2017.5.25 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2017年5月25日、マイナーチェンジを施した「ゴルフ/ゴルフヴァリアント/ゴルフ オールトラック」を発表した。同年5月29日に発売する。車両価格は249万9000円から。
  • ホンダのFCV「クラリティ フューエルセル」がタクシーに 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、燃料電池自動車(FCV)の将来の用途拡大に向け、セダンタイプのFCV「クラリティ フューエルセル」のタクシー運用を、同年6月末をめどに開始すると発表した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
ホームへ戻る