三菱の軽商用車「ミニキャブトラック」に機能充実グレード

2001.06.08 自動車ニュース
 
 
010608_019.gif

三菱の軽商用車「ミニキャブトラック」に機能充実グレード(6/8)

三菱自動車は、軽商用車「ミニキャブトラック」の最廉価グレード「Vタイプ」に、機能面を充実させた「VX-SE」を追加し、2001年6月2日より発売した。

追加された装備は、以下の通り。

・パワーステアリング
・助手席側ドアのキーシリンダー
・リヤマットガード
・運転席乗降グリップ

価格は、ベース車の4.3万円高で、59.8万円(5MT/2WD/エアコン無し)から88.9万円まで(3AT/4WD/エアコン付)。

(webCG 平山)

三菱自動車「ミニキャブトラック」:
http://web1.mitsubishi-motors.co.jp/MINICAB-TRUCK/lineup1.html

 
 

関連キーワード:
ミニキャブ トラック三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱「ミニキャブ」シリーズなど一部改良 2002.2.4 自動車ニュース 三菱自動車は、軽トラック「ミニキャブトラック」、バン「ミニキャブバン」などに一部改良を施し、2002年1月23日から販売を開始した。
  • 三菱が軽商用車と軽ワゴンをフルモデルチェンジ 2014.2.27 自動車ニュース 三菱が新型の「ミニキャブ」シリーズと「タウンボックス」の販売を開始した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る