ベントレー「アルナージ」に新グレードと限定車

2001.06.08 自動車ニュース
 
 
010608_021.gif

ベントレー「アルナージ」に新グレードと限定車(6/8)

ロールスロイス&ベントレーモーターカーズジャパンは、高級4ドアセダン「アルナージ」に、新グレード「レッドレーベル・ロングホイールベース」を追加。加えて、特別仕様車「レッドレーベル・ルマンシリーズ・リミテッドエディション」を設定し、2001年6月8日に発売した。

発売前日の7日、プレス向け発表会が輸入総代理店であるコーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(以下、コーンズ)の新社屋「コーンズハウス」(東京都港区)で行われた。
「コーンズハウス」は、1、2階にショールーム、地下1階にガレージを持つ建物。今回の発表会は、1階で「レッドレーベル・ロングホイールベース」の展示、2階で記者発表と「ルマンシリーズ・リミテッドエディション」のプレゼンテーションが行われた。

「レッドレーベル・ロングホイールベース」(写真上)は、その名の通り、6.75リッターV8ターボエンジン(405ps/4000rpm、85.2kgm/2100rpm)を搭載する「レッドレーベル」の全長とホイールベースを、それぞれ250mmストレッチしたモデル。延長されたのは前後のドア部分で、その理由をロールスロイス&ベントレーモーターカーズジャパンは、「プロポーションを維持すると同時に、ボディの延長を微妙で控えめなものにしながらも、リアシートに一段と広い空間を与えるという目的を達成するため」と説明する。
価格は、3380.0万円(4AT)。コーンズは、年間販売台数を10台と見込む。

特別仕様車「レッドレーベル・ルマンシリーズ・リミテッドエディション」(写真下)は、今年、71年振りにベントレーが「ルマン24時間レース」に参戦することを記念し設定されたモデルだ。

「レッドレーベル」をベースに、専用の5本スポークスポーツホイール、4本出しのマフラーを付写。マフラーの変更により、リアバンパーの形状も変わった。
内装では、グリーンに彩られ、「LE MANS SERIES」のロゴが入ったスピード&タコメーターが、特別なモデルであることを主張する。

「レッドレーベル・ルマンシリーズ・リミテッドエディション」は、全世界で150台の限定生産モデル。そのうち12台が日本に輸入される。コーンズによれば、もうすでに商談を始めたいという人がチラホラ出はじめているとか。欲しい方はお早めに。でも価格は、2850.0万円(4AT)です。

商品に関する問い合わせは、コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド(03‐5821‐1900)まで。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”の実力を南スペインで試した。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ベントレー、初のSUV「ベンテイガ」を日本に導入 2016.6.10 自動車ニュース ベントレーが同社初のSUV「ベンテイガ」の日本導入を発表した。ボディーサイズは全長×全幅×全高=5150×1995×1755mmで、エンジンには最高出力608psの6リッターW12ツインターボを搭載している。価格は2695万円。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
ホームへ戻る