三菱、軽自動車5車種に特別仕様車

2001.06.11 自動車ニュース
 
 
010611_024.gif

三菱、軽自動車5車種に特別仕様車(6/11)

三菱自動車は、軽乗用車「トッポBJ」「ミニカ」「パジェロミニ」「タウンボックス」の4車種に、携帯電話ハンズフリーシステムを装備し、共通のホワイトのボディカラーを用意した特別仕様車「ホワイトエディション」を設定。さらに、「パジェロミニ」に、専用のスペアタイヤケースや3トーンのボディカラーを採用した特別仕様車「リンクスV リミテッドII」を設定し、2001年6月2日から発売した。

「ホワイトエディション」シリーズには、専用ステッカーやアルミホイールなどを特別装備。さらにグレー基調の内装や、木目調のセンターパネル&パワーウィンドウスイッチパネルなどを与えた。

またミニカとトッポBJの「ホワイトエディション」には、2DINサイズのCD/MD一体型のオーディオ+4スピーカーを付与。タウンボックスとパジェロミニの「ホワイトエディション」には、DENSO製のカーナビゲーションシステムが備わる。

価格は、以下のとおり。(カッコ内はベース車比)
ミニカ「ホワイトエディション」:2WD+3ATモデルが92.9万円、4WD+3ATモデルが109.4万円(+6.0万円)
トッポBJ「ホワイトエディション」:2WD+コラム4ATモデルが109.3万円、4WD+コラム4ATモデルが124.6万円(‐2.5万円)
パジェロミニ「ホワイトエディション」:4WD+4ATモデルが160.3万円(+6.5万円)
タウンボックス「ホワイトエディション」:2WD+4ATモデルが130.0万円、4WD+4ATモデルが142.0万円(+7.0万円)

いっぽう、パジェロミニ「リンクスV リミテッドII」は、「リンクスV」をベースに、本家「パジェロ」に設定される3ウェイ2トーンのボディカラーを採用したのが特徴。さらに、ルーフレールとスペアタイヤケース、フォグランプが装備される。
インテリアには、木目調のセンターパネルとパワーウィンドースイッチパネルを採用。オーディオ装備はCD/MD一体型のオーディオへグレードアップされた。
価格は、ベース車より6.0万円高、152.0万円(5MT)と159.8万円(4AT)。

(webCG 平山)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)【試乗記】 2008.11.14 試乗記 三菱パジェロミニ・ナビエディションVR(4WD/4AT)
    ……173万3550円

    マイナーチェンジを受けた三菱パジェロミニに試乗。子育てが終わったら、この手の“ミニ四駆”と過ごすのも楽しいかもしれない。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】NEW 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • 日産ノートe-POWER メダリスト(FF)【試乗記】 2017.1.11 試乗記 日産が、満を持して投入したシリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」。コンパクトカー「ノート」の好調を支える新しいパワープラントの実力を、最上級グレード「e-POWER メダリスト」の試乗を通して確かめた。
  • 三菱デリカD:5 Dプレミアム(4WD/6AT)【レビュー】 2017.1.9 試乗記 今年でデビュー10周年! 三菱のロングセラーミニバン「デリカD:5」で、冬の白根山系をドライブ。「SUVとミニバンのクロスオーバー」という、ユニークなコンセプトを掲げて登場した同車の出来栄えを、雪山で試した。
ホームへ戻る