オペル「ヴィータGLS」に左ハンドル仕様が追加

2001.06.12 自動車ニュース
 
 
010612_027.gif

オペル「ヴィータGLS」に左ハンドル仕様が追加(6/12)

日本ゼネラルモーターズは、オペルのコンパクトカー「ヴィータ」の5ドアモデル「GLS」に左ハンドル車を追加、2001年6月15日から販売を開始する。

「ヴィータ」は、日本でのオペル車の売上台数の約3割を占めるモデル。3代目となる現行型は、2001年3月に日本に導入された。グレード構成は、3ドアの「Swing」と5ドアモデル「GLS」の2種類。今回、「GLS」左ハンドル仕様を追加したことで、さらなる顧客層の拡大を狙う。

価格は、右ハンドル仕様と同じで、187.0万円。装備面の変更はない。商品に関する問い合わせは、オペルフリーダイヤル0120‐06‐4984まで。

(webCG 平山)

オペル「ヴィータ」:
http://newvita.opel.co.jp/

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フランクフルトショー2015の会場から(その20) 2015.9.23 画像・写真 オペルはフランクフルトモーターショー(開催期間は9月15日~27日。一般公開は9月19日から)で新型「アストラ」を発表した。復活したドイツのブランド、ボルクヴァルトのクロスオーバーモデル「BX7」とともに画像で紹介する。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.30 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」がマイナーチェンジを受けて登場! もともとの基本性能の高さに加えて、最新の安全装備やデジタルインターフェイスも手にした“Cセグメントの盟主”に、もはや死角は残されていないのか? 中間グレード「TSIハイライン」でテストした。
  • オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)【試乗記】 2003.2.7 試乗記 オペル・ヴィータスポーツ(5MT-オートマチックモード付)
    ……169.5万円

    「ドライビングは知的なスポーツだ」とカタログで謳う「オペル・ヴィータ スポーツ」。オートマチックモードをもち、必要とあらばシーケンシャルシフトを楽しめるブリッツマークの末弟に、自動車専門誌『NAVI』の副編集長、佐藤健が乗った。


  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
ホームへ戻る