スズキ「ワゴンR」に生産150万台達成記念車

2001.06.13 自動車ニュース
 
 
010613_028.gif

スズキ「ワゴンR」に生産150万台達成記念車(6/13)

スズキは、軽乗用車「ワゴンR」の国内累計生産台数が150万台に達したことを記念して、特別仕様車「FM-Gリミテッド」を設定、2001年6月5日に発売した。

「FM-Gリミテッド」は、エントリーモデル「FM-G」をベースに、装備を充実させたモデルだ。専用装備は、以下の通り。

・2DINサイズMD/CD/カセット一体型チューナー
・運転席・助手席エアバッグ
・電動格納式ドアミラー
・スモークガラス(リヤドア、リヤクォーターウィンドー、バックドア)
・車体同色フロントグリル
・専用ボディカラー(パールホワイト、ブルー)の設定

価格は、ベース車の6.4万円高、97.8万円(FF+5MT)から117.5万円(4WD+コラム4AT)まで。なお、ABS装着車は2.5万円高、パールホワイト塗装車は、2.0万円高となる。

(webCG 平山)

スズキ「ワゴンR・FM-Gリミテッド」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/wgnrfmglimi/frame.htm

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・ワゴンR ハイブリッドFZ(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.25 試乗記 軽ハイトワゴンの元祖「スズキ・ワゴンR」が6代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームやマイルドハイブリッドシステムの採用などで話題を集める新型の実力を、上級グレード「ハイブリッドFZ」で試した。
  • スズキ・ワゴンRスティングレー ハイブリッドT(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.13 試乗記 新世代プラットフォーム「ハーテクト」をベースに開発された6代目「スズキ・ワゴンR」。新機軸が満載の新型軽ハイトワゴンの実力を、ターボとマイルドハイブリッド機構の両方を搭載した最上級グレード「スティングレーT」で試した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー【試乗記】
    2017.2.24 試乗記 「スズキ・ワゴンR」がフルモデルチェンジ! 3つの“顔”が用意されたエクステリアデザインや、マイルドハイブリッドシステムの採用、軽自動車で初となるヘッドアップディスプレイの搭載など、トピックス満載で登場した“6代目”の使い勝手を報告する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • ダイハツが「キャスト」を一部改良、特別仕様車も 2016.6.20 自動車ニュース ダイハツが「キャスト」を一部改良。ルーフなどをボディーと別色とする「デザインフィルムトップ」に新規設定色を採用するなど、カラーバリエーションを拡大した。同時に、レザー調シートを備えた特別仕様車「プライムコレクション」を発売した。
ホームへ戻る