トヨタ、若者向け「bBオープンデッキ」を発売

2001.06.14 自動車ニュース
 
 
010614_029.gif

トヨタ、若者向け「bBオープンデッキ」を発売(6/14)

トヨタ自動車は、若者向け背高RV「bB」の後部荷室をオープンにし、デッキを設けた、その名も「bBオープンデッキ」を、2001年6月11日に発売した。

「bBオープンデッキ」は、ファンカーゴのプラットフォームを用いた全長3895mmのコンパクトなボディに、「ショートデッキ」こと荷台を付けたモデル。全長を70mm延長、後席座面を30mm短縮(ともにbB比)し、ビールケースなら重ねて4箱、20リッターのポリタンクなら7個積載できるデッキスペースを作り出した。
後部のガラスハッチとデッキスルードアを開ければ、デッキと室内を行き来することも可能。前後席を畳めば、デッキまでフルフラット。「行動的な若者の遊びを演出」(プレスリリース)する。

ドアはユニークな観音開き式。センターピラーがないため、乗り降りがしやすい、とトヨタは謳う。

夏のトロピカルアイランドをイメージしたという、黄色や白のボディカラー4色、やはり夏をイメージした内装色(トロピカルイエローとココナッツグレー)など、カラーリングも若人好みだ。

1.5リッターエンジン(110ps)と4ATを組み合わせた2WDグレードのみ。価格は、bB 1.5Zの23.2万円高で、169.0万円。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

bBの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・オーリス120T(FF/CVT)【試乗記】 2015.5.25 試乗記 トヨタ初の1.2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「トヨタ・オーリス120T」に試乗。その走りは“ダウンサイジング”では一歩先を行く欧州勢に迫ったか? 遅れてきた主役の実力を探った。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • トヨタ・オーリス ハイブリッド“Gパッケージ”(FF/CVT)【レビュー】 2016.5.11 試乗記 日本市場ではこれがないと始まらない? トヨタのCセグメントハッチバック車「オーリス」にハイブリッドモデルが登場。JC08モード計測で30.4km/リッターという燃費を実現する、新たな最上級グレードの出来栄えを報告する。
ホームへ戻る