トヨタ、若者向け「bBオープンデッキ」を発売

2001.06.14 自動車ニュース
 
 
010614_029.gif

トヨタ、若者向け「bBオープンデッキ」を発売(6/14)

トヨタ自動車は、若者向け背高RV「bB」の後部荷室をオープンにし、デッキを設けた、その名も「bBオープンデッキ」を、2001年6月11日に発売した。

「bBオープンデッキ」は、ファンカーゴのプラットフォームを用いた全長3895mmのコンパクトなボディに、「ショートデッキ」こと荷台を付けたモデル。全長を70mm延長、後席座面を30mm短縮(ともにbB比)し、ビールケースなら重ねて4箱、20リッターのポリタンクなら7個積載できるデッキスペースを作り出した。
後部のガラスハッチとデッキスルードアを開ければ、デッキと室内を行き来することも可能。前後席を畳めば、デッキまでフルフラット。「行動的な若者の遊びを演出」(プレスリリース)する。

ドアはユニークな観音開き式。センターピラーがないため、乗り降りがしやすい、とトヨタは謳う。

夏のトロピカルアイランドをイメージしたという、黄色や白のボディカラー4色、やはり夏をイメージした内装色(トロピカルイエローとココナッツグレー)など、カラーリングも若人好みだ。

1.5リッターエンジン(110ps)と4ATを組み合わせた2WDグレードのみ。価格は、bB 1.5Zの23.2万円高で、169.0万円。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
bBトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 RRのコンパクトハッチバック「ルノー・トゥインゴ」に、高性能モデルの「GT」が登場! 長らくフランス車を愛好してきた“エンスー”の目に、その走りはどのように映ったのか? 動力性能だけでは語り尽くせない、その魅力をリポートする。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
ホームへ戻る