トヨタ、新型ハイブリッドシステムを開発

2001.06.15 自動車ニュース
 
 
010615_035.gif

トヨタ、新型ハイブリッドシステムを開発(6/15)

トヨタ自動車は、1997年デビューの「プリウス」に次ぐ、新型ハイブリッドシステム「THS-M(Toyota Hybrid System-Mild)」を開発、2001年秋にも同システムを「クラウン」に搭載し発売する。

「THS-M」は、プリウス(写真)よりシンプルな機構にすることで汎用性を向上させ、様々なタイプの車種、エンジンと組み合わせられるようにしたハイブリッドシステムだ。プリウスと違い、既存のエンジンを利用できること、そして高価なニッケル水素電池ではなく、鉛電池を採用したことで、低コスト化を実現。プリウスの弱点だった高コスト(同クラスの約4割増)の問題に対処した。

基本的な機構は、「エンジン」「発電機能を備えた小型電気モーター」「トランクに設置される36Vの小型2次バッテリー」、そして「制御システム」で構成される。

車両が停車すると、エンジンが自動停止(アイドルストップ)。発進する際はまずモーターから動力を得て、次にエンジンを始動させる。減速、制動時には、回生ブレーキによりモーターが発電を行い、運動エネルギーを電気エネルギーに替えバッテリーに蓄電する。アイドルストップ時にもモーターが駆動し、エアコンが使用可能。快適性にも配慮した
肝心の燃費は、10・15モードで約15%向上、とトヨタはいう。

今秋発売のハイブリッド版クラウンには、3リッター直6と「THS-M」が組み合わされる予定だ。

世界初の量産ハイブリッドカー「プリウス」は、97年の発売以来、国内で5万台、世界で約6万台を販売した。トヨタは、その間蓄積されたフィードバックによりハイブリッドシステムを進化させ、同時に、燃料電池車「FCHV(Fuel Cell Hybrid Vehicle)」の開発も進行させている。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。