スバル「フォレスター」に特別仕様車

2001.06.15 自動車ニュース
 
 
010615_031.gif

スバル「フォレスター」に特別仕様車(6/15)

富士重工業は、スバルの“MULTI SPORTS 4WD”こと「フォレスター」に、エアロパーツなどを装備した特別仕様車「S/20 typeA」を設定し、2001年6月11日に発売した。

「フォレスターS/20 typeA」は、2リッターリーンバーンエンジン搭載車「S/20」をベースに、スポーツモデル「S/tb-STi2」と同じフロント/リアバンパー、サイドスポイラーを付加したモデル。さらに、「スポーティトリコット表皮」を被せた専用シートやMOMO社製本革巻きステアリングホイール、MD/CDプレーヤー一体オーディオを採用し、スポーティ感を出した。
ボディ色は、新色プレミアムホワイトパールマイカ/アイボリーマイカ(ハーモナイズド2トーン)を含む計3種類となる。

価格は、ベース車の8.8万円高、5MT車が204.0万円、4AT車は211.0万円。月販目標台数は500台、モデル末期に差し掛かったフォレスターの販売てこ入れを狙う。

(webCG 有吉)

スバル「フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • スバル・エクシーガ クロスオーバー7 2.5i EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.8 試乗記 スバルの多人数乗用モデルである「エクシーガ」が、SUVテイストの仕立てと「クロスオーバー7」の車名を得て“再”登場。ラインナップ戦略に見るその狙いと、実際のプロダクトの仕上がりをチェックする。
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
ホームへ戻る