【スペック】全長×全幅×全高=4790×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1560g/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(173ps/5600rpm、24.0kgm/4100rpm)/価格=323万4000円(テスト車=390万6000円)

スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT) 2012.08.14 試乗記 ……390万6000円
総合評価……★★★★


仕様変更により、一段とSUVテイストが強調された「レガシィアウトバック」。新開発の2.5リッターエンジンを搭載したモデルで、その走りと使い勝手を試した。

一番おとなしいエンジンだけど

★の評価は4であるが、やはりスバルといえば水平対向エンジン。その魅力は絶大だ。メーカーが主張するほどには重心高の低さは感じられないものの、ロールについてはよく吟味されていて、大きく背の高いボディーにも関わらず、身軽な動作を可能とする。これも、コンパクトで軽量なボクサーエンジンが貢献している。よく見れば前後のオーバーハングは結構大きく、したがってヨー慣性も大きめながら、コーナリングにおける動きには余韻を残さずソリッドな挙動を実現している。

現行モデルの「レガシィ」シリーズは、拡大された居住空間の広さを十分に享受しつつ、ひとまわり大きくなったボディーを持て余すことなく、先代モデルに近い軽快な運動性能を得ている。4種類あるエンジンの中ではこのNAの2.5リッターが一番おとなしい仕様で、約387kmを走った今回の試乗では、平均11.3km/リッターの好燃費を記録した。このように燃費まで含めた経済性を重視するならば、この「アウトバック2.5i」はシリーズ中のオススメ。
一見同じような格好ながら「レガシィツーリングワゴン」はビジネスユースの雰囲気もあり、このアウトバックはよりパーソナルなたたずまいを醸し出す。

 
スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】の画像
 
スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】の画像
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.5.26 試乗記 DSブランドならではの、アバンギャルドなスタンスが魅力の「DS 5」。先頃ラインナップに加わった2リッターのクリーンディーゼルエンジン搭載モデル「DS 5シックBlueHDiレザーパッケージ」は、快適至極なグランドツアラーに仕上がっていた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る