【スペック】全長×全幅×全高=4790×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1560g/駆動方式=4WD/2.5リッター水平対向4DOHC16バルブ(173ps/5600rpm、24.0kgm/4100rpm)/価格=323万4000円(テスト車=390万6000円)

スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT) 2012.08.14 試乗記 ……390万6000円
総合評価……★★★★


仕様変更により、一段とSUVテイストが強調された「レガシィアウトバック」。新開発の2.5リッターエンジンを搭載したモデルで、その走りと使い勝手を試した。

一番おとなしいエンジンだけど

★の評価は4であるが、やはりスバルといえば水平対向エンジン。その魅力は絶大だ。メーカーが主張するほどには重心高の低さは感じられないものの、ロールについてはよく吟味されていて、大きく背の高いボディーにも関わらず、身軽な動作を可能とする。これも、コンパクトで軽量なボクサーエンジンが貢献している。よく見れば前後のオーバーハングは結構大きく、したがってヨー慣性も大きめながら、コーナリングにおける動きには余韻を残さずソリッドな挙動を実現している。

現行モデルの「レガシィ」シリーズは、拡大された居住空間の広さを十分に享受しつつ、ひとまわり大きくなったボディーを持て余すことなく、先代モデルに近い軽快な運動性能を得ている。4種類あるエンジンの中ではこのNAの2.5リッターが一番おとなしい仕様で、約387kmを走った今回の試乗では、平均11.3km/リッターの好燃費を記録した。このように燃費まで含めた経済性を重視するならば、この「アウトバック2.5i」はシリーズ中のオススメ。
一見同じような格好ながら「レガシィツーリングワゴン」はビジネスユースの雰囲気もあり、このアウトバックはよりパーソナルなたたずまいを醸し出す。

 
スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】
 
スバル・レガシィアウトバック2.5i EyeSight Sパッケージ(4WD/CVT)【ブリーフテスト】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
ホームへ戻る