スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車

2001.06.19 自動車ニュース
 
 
010619_041.gif

スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車(6/19)

スズキは、「グランドエスクード」と「エスクード」に、特別仕様車「ヘリー・ハンセン リミテッド」を設定し、2001年6月18日に発売した。

「ヘリー・ハンセン リミテッド」は、ノルウェーのマリン&アウトドアブランドの名を冠した特別仕様車。ボディ同色の専用フロントグリルやヘッドランプガーニッシュ、さらに専用のフロントバンパーアンダーガーニッシュを採用し、「ヘリー・ハンセンのもつスポーティーなイメージを演出」(プレスリリース)した。しかし、マリンウェアなどヘリー・ハンセンの商品が備わるわけではない。

また、グランドエスクードは、3列シート7人乗りの仕様を、最後列をはずした2列シート5人乗りとし、広い荷室スペースを確保した。

主な特別装備は以下のとおり。

・「HELLY HANSEN」ロゴ入り専用スペアタイヤハウジング
・左右フロントフェンダーに付く専用「HELLY HANSEN」エンブレム
・シルバー塗装を施したルーフレール
・メッキ処理されたアウトサイドドアハンドル
・撥水加工処理を施した専用ファブリックシート表皮
・専用の黒色本革巻きステアリングホイール
・前席シートヒーター(グランドエスクードは運転席のみ)
・本革巻きATシフターおよびトランスファーレバー、木目調フロアコンソールガーニッシュ

価格は、グランドエスクードがベース車の3.0万円高で、232.8万円。エスクードは、プラス10.0万円で、195.8万円。それぞれ500台の限定販売となる。

(webCG 有吉)

 
 
関連記事
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.12.15 試乗記 受け継いだのはエクステリアデザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」に試乗。ヨーロッパで鍛えられた自慢のオンロード性能に触れて、レポーターが感じたこととは?
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スズキ・エスクード 2015.10.15 画像・写真 スズキは2015年10月15日、コンパクトSUVの新型「エスクード」を発売した。FFベースのプラットフォームに1.6リッター直4エンジンを搭載しており、駆動方式にはFFとフルタイム4WDの2種類を用意。ハンガリーで生産される欧州生まれのニューモデルを写真で紹介する。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 「フィアット500」にナビ付きの限定モデルが登場 2017.4.28 自動車ニュース フィアットのコンパクトカー「500」に、特別仕様車「ナビゲーションパッケージ」が登場。2DINのカーナビゲーションシステムとフィアット500のイラスト入りナノイー発生機が装備されており、5月13日より150台限定で販売される。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキSX4 Sクロス(4WD/CVT)【試乗記】 2015.6.2 試乗記 「SX4」の後継車種として生まれた、スズキのクロスオーバーモデル「SX4 Sクロス」。欧州を中心とした世界の市場に投入されるSUVは、実直なまでに作りこまれた走行性能と実用性を備えていた。
  • スズキ・エスクード2.4XG(4WD/4AT)/3.2XS(4WD/5AT)【試乗速報】 2008.7.15 試乗記 スズキ・エスクード2.4XG(4WD/4AT)/3.2XS(4WD/5AT)
    ……232万500円/285万6000円

    並みいるライバルとは一線を画す小型SUV「スズキ・エスクード」。2008年6月に比較的大がかりなマイナーチェンジを受けた3代目をオンロードとオフロードで試乗すると、このクルマの個性が明確になったのだ。
  • 「ジープ・レネゲード」にBeatsとコラボした限定車登場 2017.5.19 自動車ニュース FCAジャパンは2017年5月19日、「ジープ・レネゲード」に特別仕様車「トレイルホークBeats Edition(ビーツエディション)」を設定し、同年6月10日に200台の台数限定で発売すると発表した。
  • 「ジープ・チェロキー」に価格を抑えた限定車 2017.5.18 自動車ニュース FCAジャパンは、「ジープ・チェロキー」の特別仕様車「リミテッドスペシャル」を、2017年5月20日に50台の台数限定で発売する。価格は467万1000円。ベースとなった「リミテッド」から、約30万円抑えた価格が最大のセリングポイントとなる。
ホームへ戻る