スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車

2001.06.19 自動車ニュース
 
 
010619_041.gif

スズキ「グランドエスクード」「エスクード」に特別仕様車(6/19)

スズキは、「グランドエスクード」と「エスクード」に、特別仕様車「ヘリー・ハンセン リミテッド」を設定し、2001年6月18日に発売した。

「ヘリー・ハンセン リミテッド」は、ノルウェーのマリン&アウトドアブランドの名を冠した特別仕様車。ボディ同色の専用フロントグリルやヘッドランプガーニッシュ、さらに専用のフロントバンパーアンダーガーニッシュを採用し、「ヘリー・ハンセンのもつスポーティーなイメージを演出」(プレスリリース)した。しかし、マリンウェアなどヘリー・ハンセンの商品が備わるわけではない。

また、グランドエスクードは、3列シート7人乗りの仕様を、最後列をはずした2列シート5人乗りとし、広い荷室スペースを確保した。

主な特別装備は以下のとおり。

・「HELLY HANSEN」ロゴ入り専用スペアタイヤハウジング
・左右フロントフェンダーに付く専用「HELLY HANSEN」エンブレム
・シルバー塗装を施したルーフレール
・メッキ処理されたアウトサイドドアハンドル
・撥水加工処理を施した専用ファブリックシート表皮
・専用の黒色本革巻きステアリングホイール
・前席シートヒーター(グランドエスクードは運転席のみ)
・本革巻きATシフターおよびトランスファーレバー、木目調フロアコンソールガーニッシュ

価格は、グランドエスクードがベース車の3.0万円高で、232.8万円。エスクードは、プラス10.0万円で、195.8万円。それぞれ500台の限定販売となる。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
エスクードグランドエスクードスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・エスクード1.4ターボ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.9.13 試乗記 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に、1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新グレード「1.4ターボ」が登場。その仕上がりは、欧州仕込みのスポーティーな走りに優秀なパッケージング、そして充実した装備と、セグメント随一のオールラウンダーと呼ぶにふさわしいものだった。
  • フォルクスワーゲン・ポロTSIハイライン(FF/7AT)【試乗記】 2018.3.20 試乗記 フォルクスワーゲンのコンパクトハッチバック「ポロ」の新型が、いよいよ日本に上陸。世界で累計1400万台以上、日本に限っても25万台以上のセールスを記録する、ベストセラーモデルの出来栄えをチェックした。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る