マツダ「デミオ」に新グレード「ピュアレ」と「エアロアクティブ」

2001.06.26 自動車ニュース
 
 
010626_050.gif

マツダ「デミオ」に新グレード「ピュアレ」と「エアロアクティブ」(6/26)

マツダは、コンパクトなボディと広い室内空間がウリの「デミオ」1.3リッターモデルに、新グレード「ピュアレ」と「エアロアクティブ」を追加設定、2001年6月25日に販売を開始した。

「デミオ・ピュアレ」(写真上)は、若い女性をターゲットに、内外装をオシャレにキメたモデル。ボディ色に、光沢のある薄緑「ブレーシンググリーン」と渋めの銀「スパークリングシルバー」を新色として加え全5色としたほか、内装色にオレンジとブルーを採用。若々しさを印象付けた。
価格は、5MT車が120.8万円、4AT車は129.8万円。

いっぽう「デミオ・エアロアクティブ」(写真下)は、名前のとおり、前後サイドにエアロパーツを纏い、スポーティさを演出した、“男の子仕様”のグレードだ。黒を基調としたインテリアに、ブラックとグレーでまとめられた「ブラックツートンインパネ」やホワイトメーター、専用のクロスシートなどを与え、精悍さを演出した。足元には、5本スポークの14インチアルミホイールが輝く。
価格は、5MTが130.8万円、4ATは139.8万円。

(webCG 有吉)

 
 
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • マツダ・デミオ(後編) 2014.7.17 画像・写真 マツダが新型「デミオ」の生産を開始。それに伴い、写真を世界初公開した。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
ホームへ戻る