BMWジャパン創立20周年記念モデルが発売

2001.06.27 自動車ニュース
 
 
010627_052.gif

BMWジャパン創立20周年記念モデルが発売(6/27)

BMWジャパンは、同社の創立20周年を記念した特別限定車を、「525i」「530i」に設定、2001年7月7日から販売する。

「5シリーズ・アニバーサリーエディション」と名づけられたこの特別限定車は、「525i」「530i」セダンの上級車種である「Hi-Line」をベースに、ウォールナットやレザーをふんだんに使い、ラグジュアリーさを増したモデル。約50万円相当の装備を付与しつつ、価格をベース車プラス20万円に抑え、お買い得感を出した。

主な特別装備は以下のとおり。

・20周年記念ロゴ「BMW Japan 20th Anniversary」付きフロントドアシル
・ウォールナットインテリアトリム
・ウォールナットハンドブレーキグリップ
・ウォールナットウッド&レザーステアリングホイール
・レザーカバードアハンドル
・レザーカバーセンターコンソール&アームレスト
・電動サンルーフ
・メタリックペイント
・17インチスタースポークスタイリングアロイホイール
・235/45R17タイヤ

価格は、525iが588.0万円(販売台数360台)、530iは663.0万円(同240台)。いずれもAT+右ハンドル仕様となる。

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

5シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編) 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
  • メルセデス・ベンツE220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ(本革仕様)(FR/9AT)【試乗記】 2017.2.20 試乗記 高い実用性を誇るのはもちろん、「Eクラス セダン」と同様の安全性と快適性を実現したとうたわれる「Eクラス ステーションワゴン」。「E220dステーションワゴン アバンギャルド スポーツ」に試乗し、その実力を試した。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
ホームへ戻る