【スペック】全長×全幅×全高=4624×1811×1429mm/ホイールベース=2810mm/車重(ドイツ国内値)=1595kg/駆動方式=FR/2リッター直4DOHC16バルブターボ(245ps/5000-6000rpm、35.7kgm/1250-4800rpm)(欧州仕様車)

BMW 328iツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】

カッコだけじゃないワゴン 2012.08.13 試乗記 BMW 328iツーリング(FR/8AT)

BMWの基幹車種である「3シリーズ」の新型に、ワゴンモデルが登場。その走りと使い勝手を、本国ドイツで試した。

セダンの長所はそのままに

2012年の1月にまずはセダンが導入され、その姿を目にする機会も増えてきた新型「BMW 3シリーズ」。ここに紹介するのは、BMWの流儀で今回も「ツーリング」と呼ばれる、そのステーションワゴン版だ。

先代モデルと同様に、全長、全幅、全高やホイールベースの値は、セダンのそれと同一。「従来型よりも居住性を向上させ、ボディー剛性も一段と高めながら、車両重量は低減した」というキャッチフレーズもまた、新型セダン登場の折に耳にしたものと同じである。

そんな新しい「3シリーズ ツーリング」を目の前にして、「おおかた予想できた」と「予想だにしなかった」、二つの感想が入り交じった。

予想できたことというのは、例えば視覚的な重心がより後ろに下がり、セダン以上にロングノーズ感が強調されたスポーティーなルックスに仕上がっていること。今や3シリーズ ツーリングの良き伝統となった、小物の出し入れの際などに威力を発揮するガラスハッチの採用もその一つに挙げられる。

一方、後者は、セダンとは異なり、デビューと同時に「Mスポーツパッケージ」が投入された点。ハイパフォーマンスモデルの「M3」を除く「3シリーズ」としては初めて、電子制御式可変減衰力ダンパー付きの「アダプティブMスポーツサスペンション」がオプション設定されたのも予想外だった。

ラグジュアリー、モダン、スポーツと、3種類のデザインテーマで内外装や装備品がコーディネートされるのは、セダンの場合と同様。もっともこれは、“想定内”のほうである。

 
BMW 328iツーリング(FR/8AT)【海外試乗記】の画像
インテリアの様子。セダン同様、センターコンソールはややドライバーの方を向いたレイアウトが採用されている。
インテリアの様子。セダン同様、センターコンソールはややドライバーの方を向いたレイアウトが採用されている。
ヘッドランプは伝統の複眼式。ランプとグリルは初めてひとつながりのデザインになった。
ヘッドランプは伝統の複眼式。ランプとグリルは初めてひとつながりのデザインになった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ ツーリングの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 335iツーリング Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2013.9.12 試乗記 その走りはまさにスポーツカー? 今や希少な直6エンジンに、専用チューニングのローダウンサスを組み合わせた「BMW 335iツーリング Mスポーツ」を試す。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――メルセデス・ベンツE200アバンギャルド スポーツ(前編) 2016.11.3 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、新型「メルセデス・ベンツEクラス」に試乗。メルセデス・ベンツの中核モデルにして、世界のプレミアムセダンの指標ともいえる大物を、谷口はどう評価する?
  • 「BMW 3シリーズ」に新たなエントリーモデル
    2016.9.26 自動車ニュース BMWジャパンは2016年9月26日、1.5リッター直列3気筒ターボエンジンを搭載した、「BMW 3シリーズ」の新たなエントリーモデル「318iセダン/ツーリング」を発表した。同年10月1日に販売を開始する。
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • BMW 440iクーペ Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.23 試乗記 BMWがスペシャリティーモデル「4シリーズ」のエンジンラインナップを一新。各モデルに、モジュラー設計の新世代パワーユニットを採用した。最もパワフルな3リッター直6ターボが搭載された「440iクーペ」に試乗し、その実力を報告する。
ホームへ戻る