ホンダ「インテグラ」、8年ぶりのフルモデルチェンジ

2001.07.03 自動車ニュース
 
 
010703_006.gif

ホンダ「インテグラ」、8年ぶりのフルモデルチェンジ(7/3)

本田技研工業は、スポーティモデル「インテグラ」を8年ぶりにフルモデルチェンジし、2001年7月2日から販売を開始した。

2001年4月のニューヨーク国際自動車ショーで「アキュラRSX」としてお披露目されたニュー・インテグラ。従来の3ドアクーペと4ドアハードトップという構成から、2ドアクーペに集約し、よりスペシャルな性格を与えたスポーティクーペとして再登場した。

パワーユニットは、旧モデルの1.6リッター/1.8リッター直4から、2種類の2リッター直4「i-VTEC」エンジンにグレードアップ。ベーシックグレード「iS」には、160ps、19.5kgmを発生するマイルドなユニットを搭載。また高性能グレード「TYPE R」には、高回転時に吸・排気バルブタイミングリフト量を切り替えるVTECなどにより、220ps、21.0kgmの高出力を実現したユニットを採用した。
トランスミッションは、iSには5MTと5AT、TYPE-Rにはクロースレシオの6MTが設定される。

またTYPE-Rには、専用スポイラー、ブレンボ製フロントブレーキ、レカロ製フロントバケットシート、MOMO製皮巻き小径ステアリングホイールなどが標準装備される。

価格は以下のとおり。

iS(5MT) 174.0万円
iS(5AT) 187.0万円
TYPE R(6MT) 259.0万円。

iSには、プライバシーガラスや15インチアルミホイールが備わる「Sパッケージ」(+7.0万円)、TYPE Rには、リアワイパーや電動格納式リモコンドアミラーの「Cパッケージ」(+3.0万円)がメーカーオプションで選べる。

(webCG 有吉)

 
 

関連キーワード:
インテグラホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • ホンダ・シビックハッチバック ホンダアクセス用品装着車(FF/CVT) 2017.12.14 ホンダ・シビックに見る純正カスタムの妙味<PR> 久々の復活を、大きな反響をもって迎えられた新型「ホンダ・シビック」。Cセグメント離れしたそのスタイリングにホンダアクセスが味付けを施すと、どのようなクルマに仕上がるのか。オレンジのアクセントが効いた一台で、朝の東京へと繰り出した。
ホームへ戻る