“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場

2012.08.13 自動車ニュース
“ロンドンオリンピック仕様”の「ファントム シリーズII ドロップヘッドクーペ」。
“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場

“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場

ロールス・ロイス・モーター・カーズは2012年8月13日、第30回オリンピック競技大会(ロンドンオリンピック:2012年7月27日〜8月12日)にちなんだ「ファントム シリーズII ドロップヘッドクーペ」の特別仕様車を公表した。

今回製作されたのは合計3台。ボディーカラーは、イングリッシュホワイト(白)で統一される。
“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場
ステアリングホイールの中央には、トーチと月桂冠が描かれる。
“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場
“ロンドン五輪仕様”のロールス・ロイス登場

これは、ロンドンオリンピックの閉会に際し、その成功を祝してロールス・ロイスが特別に用意したもの。

ベースとなったのは、最上級モデル「ファントム シリーズII」のオープンモデル「ドロップヘッドクーペ」で、ボディーの先端には、通常の「RR」ロゴに替えて、英国旗をまとう女神像(スピリット・オブ・エクスタシー)が描かれた特製エンブレムがすえられる。
1904年の創業から108年にわたるロールス・ロイスの歴史の中で、バッジが変更された例は、これが初めてという。

ホイールのセンターキャップに添えられるロゴも、おなじみの「RR」から「LONDON 2012」に変更。さらにその周囲を、オリンピックの標語である「Citius, Altius, Fortius(=より速く、より高く、より強く)」の文字が取り囲む。

インテリアでポイントとなるのは、ステアリングホイール。中央に、聖火のトーチと月桂冠(げっけいかん)が描かれている。

オリンピック仕様の「ファントム シリーズII ドロップヘッドクーペ」は計3台が製作され、それぞれ特別なモデルであることを示すプレートが添えられる。「このうえなく収集心をあおりながらも、決して手に入れることのできないもの」とは、ロールス・ロイスの弁である。

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。