マツダ、「プレマシー」を改良

2001.07.05 自動車ニュース
 
 
010705_010.gif

マツダ、「プレマシー」を改良(7/5)

マツダは、ファミリアをベースとしたコンパクトなボディに3列シートを載せたミニバン「プレマシー」を改良、新グレード「スポルト」を追加設定し、2001年7月4日に発売した。

今回の目玉は、1.8リッターエンジンに加え、2リッター直4DOHCユニットを搭載したスポーティモデル「スポルト」(写真)を追加したこと。エンジンは、カペラなどに用いられる「FS-DE」型。圧縮比を10.4まであげて出力アップ、165ps/6800rpm、18.1kgm/5000rpmのアウトプットで、1.3トンのボディを引っ張る。駆動方式はFFのみ。トランスミッションは、1.8リッターモデル同様、電子制御4ATだ。

さらにエクステリアを、フロント/サイド/リアのエアダムスカート、専用の16インチ・5本スポークアルミホイールで飾り、スポーティさを演出。黒とシルバーを基調とした内装には、本革巻きステアリングホイール、ホワイトメーターなどを採用した。

「プレマシー・スポルト」、価格は、5人乗りが206.8万円、7人乗りは214.8万円。

既存グレードへの改良は、内外装の変更が主なもの。前後バンパー、ヘッドランプ、リアコンビランプなどの意匠を変え、「躍動感を高めたスタイリング」(プレスリリース)に。インテリアでは、シートとドアトリム地も変更し、質感向上を図った。

さらに、運転席折畳式アームレストや、運転席のパワーウィンドウに、ワンタッチで3cmだけ開いて換気をしやすくした「クイックリフレッシュ機能」を追加したなど、利便性も向上させた。

価格は、2WDが「C」(5人乗り)の159.8万円から、「スポルト」(7人乗り)の214.8万円、4WDは「G」(5人乗り)の190.8万円から、「L」(7人乗り)の207.8万円まで。

7人乗れる5ナンバーサイズのミニバン「プレマシー」は、「MPV」の弟分として1999年4月にデビュー。取り回しのよさと、「多分使わないけど、あると便利(かな?)」という3列目シートがウケて、マツダのヒット作となった。が、後発の「ホンダ・ストリーム」などのライバルに対し、3列目を床下格納できないなど古さは否めず。今回、スポーティモデル投入などで、販売テコ入れを狙う。

(webCG 有吉)

マツダ「プレマシー」サイト:
http://www.premacy.mazda.co.jp/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)【試乗速報】 2008.7.30 試乗記 マツダ・ビアンテ23S(FF/5AT)/20CS(FF/5AT)
    ……335万6650円/286万500円

    人気の2リッタートールミニバンに仲間入りした「マツダ・ビアンテ」。“Zoom-Zoom Tall”を謳う箱形ミニバンは、マツダらしさを備えているのか?
ホームへ戻る