トヨタ・ヴェロッサ登場!!

2001.07.07 自動車ニュース
 
 
010707_013.gif

トヨタ・ヴェロッサ登場!!(7/7)

■クラウチングフォルムのヴェロッサ

2001年7月6日、トヨタ自動車はマークIIの兄弟車、4ドアサルーン「ヴェロッサ」を発表、全国のトヨタビスタ店(沖縄地区は沖縄トヨタ)を通じて販売する。

「エモーショナルセダン」をテーマに開発されたヴェロッサは、販売系列からいうと、旧マークII3兄弟「クレスタ」の後継にあたる。ただし“保守派担当地味め”モデルだった過去を振り切るべく、イタリア語の「Vero(真実)」と「Rosso(赤)」をミックスしたまったく新しい名前が授けられた。「魅惑的で情感のある外形、室内デザインとし、心高ぶる走りとともに、クルマにこだわりを持つ人の感性を満たす新しい高級セダン」(リリース)と、トヨタはブチ上げる。

新モデルのホイールベースは、ベースとなったマークIIと同じ2780mm。ボディサイズは、全長×全幅×全高=4705×1760×1450mmと、マークIIより30mm短く、10mm低い。前後フェンダーの「シャドーストリームライン」と名づけられた盛り上がったキャラクターラインを特徴とするエクステリアは、「低く構えた“クラウチングフォルム”」を謳う。「Firm(引き締まった)」をキーワードにした“走り”と合わせ、マークIIのニューブラザーは、「スポーティ」をウリにしたい。ネッツ店用モデルながら、キャラクターがかぶるチェイサーは? すでに6月に生産が中止されている。

■240.0から337.0万円

ヴェロッサのエンジンラインナップは、すべてストレート6。2.5リッターターボ(280ps、38.5kgm)、2.5リッターNA(200ps、25.5kgm)、2リッターNA(160ps、20.4kgm)の3種類。2.5リッターは、直噴「D-4」ユニットである。
トランスミッションは、ターボモデルに5段MTと4段AT、2.5リッターNAには5段ATが奢られ、2リッターモデルには4段ATが組み合わされる。オートマチックは、全車ジグザグゲートを採用し、「シフト操作する楽しさに応えている」。駆動方式は、いうまでもなくFR(後輪駆動)が基本だが、2リッターモデルにのみ、4WDも用意される。サスペンションは、4輪ダブルウィッシュボーン。

アクティブセイフティのため、前後の制動力を電子制御する「EBD付きABS」、緊急時にブレーキペダルを踏む力を増す「ブレーキアシスト」を全車に標準装備、挙動を安定させる「VSC」、発進、加速時のスリップを抑える「TRC」をオプション設定した。パッシブセイフティとして、「プリテンショナー&フォースリミッター機構付きフロントシートベルト」はもちろん、ダブルエアバッグを全車標準、サイド&カーテンエアバッグをオプションで用意した。リアシートには、ISOFIX対応型チャイルドシート用固定アンカーが備わる。

価格は、以下の通り。
・2リッター(4AT):240.0万円
・2.5リッター(5AT):279.0から294.0万円
・2.5リッターターボ(5MT/4AT):334.0/337.0万円
・2リッター4WD(4AT):257.0から275.0万円

(webCGアオキ)

 
 

関連キーワード:
ヴェロッサトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 三菱エクリプス クロス Gプラスパッケージ(4WD/CVT)【試乗記】 2018.4.10 試乗記 三菱から満を持して登場した久々のニューモデル「エクリプス クロス」。同社の次世代製品群の旗手を担うコンパクトSUVは、ハイブリッドやディーゼルといった“飛び道具”はないものの、運転しやすく快適な、ちゃんとした乗用車に仕上げられていた。
  • トヨタが「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ 2016.6.13 自動車ニュース トヨタが5ナンバーセダンの「プレミオ」「アリオン」をマイナーチェンジ。内外装デザインを変更したほか、赤外線レーザーと単眼カメラをセンサーに用いた運転支援システム「Toyota Safety Sense C」を新採用するなど、安全装備の強化も図っている。
  • スズキ、広い車内が自慢の「スーパーキャリイ」発売 2018.5.16 自動車ニュース スズキが、大型のキャビンが特徴の軽トラック「スーパーキャリイ」を発売。ゆとりある車内空間に加え、運転席と助手席に採用されたリクライニングおよびスライド調整機構や、収納スペースの数々、充実した安全装備などもセリングポイントとなっている。
  • 「ホンダ・フィット」に快適装備を充実させた特別仕様車 2018.5.17 自動車ニュース 本田技研工業は2018年5月17日、コンパクトハッチバック「フィット」に特別仕様車「コンフォートエディション」を設定し、同年5月18日に発売すると発表した。
ホームへ戻る