ホンダ、「HR-V」をマイナーチェンジ

2001.07.09 自動車ニュース
 
 
010709_015.gif

ホンダ、「HR-V」をマイナーチェンジ(7/9)

本田技研工業は、ロゴをベースとしたライトSUV「HR-V」をマイナーチェンジし、2001年7月5日に発売した。主な内容は、内外装の変更と、VTECエンジンを搭載したグレードの追加だ。

前後バンパー、ハニカムメッシュのフロントグリル、フルホイールキャップ(標準装備)や16インチアルミホイール(メーカーオプション)などを新意匠とし、スタイリッシュさを演出した。またボディ色に、新色「エフェクトブルーメタリック」「アクアグリーンパール」を追加し全8色としたほか、内装色をモノトーンに変更し、「モダンで質感の高いインテリア」(プレスリリース)とした。
またホンダのCVT「HMM-S」(ホンダマルチマチックS)の変速比を最適化、走行性能の面でも改良された。

VTEC仕様のエンジンを積んだ新グレードが追加されたのも新しい。「JS」「JS4」の3ドア/5ドアモデルがそれ。SOHCユニットより20psパワフルな125ps/6700rpm、0.6kgm太いトルクの14.7kgm/4900rpmを発生する。

価格は従来モデルから据え置き。3ドアが「J」(5MT/FF)の135.8万円から、「JS4」(CVT/4WD)の171.8万円、5ドアは「J」(5MT/FF)の147.3万円から、「JS4」(CVT/4WD)の183.3万円まで。

今年6月までの新車販売台数で、“巨人”トヨタを相手に孤軍奮闘したホンダ。毎月の登録台数が1000台を切ったHR-Vは、マイナーチェンジで息を吹き返すか?

(webCG 有吉)

本田技研工業「HR-V」:
http://www.honda.co.jp/HR-V/

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。