ヤナセ、初のオペル専売店を横浜に開設

2001.07.10 自動車ニュース
 
 
010710_017.gif

ヤナセ、初のオペル専売店を横浜に開設(7/10)

ヤナセは、同社初のオペル車専売店「オペル港北ニュータウン」を、神奈川県横浜市に開設、2001年7月3日から営業を開始した。

プレスリリースには「オペルのみを扱う独立した店舗としては初めての拠点であり、オペル専売店のパイロット店として位置付けられる」と記される「オペル港北ニュータウン」。実は以前「サターン横浜」として営業していた店舗をオペル用に改装したもの。今年いっぱいで日本から撤退するサターンの「後がま」に、同じGM系のオペルが収まったというわけだ。

場所は、横浜市の中心から北西に約12km、第三京浜「都筑インター」に近い住宅地の中。1139平方メートルの敷地内に、3台の新車を展示するショールームと、4ベイをもつサービス工場を有する。
なお、オペル車だけでなく、サターン車の整備も受け入れるというから、サターンオーナーはご安心を。

「オペル港北ニュータウン」
場所:神奈川県横浜市都筑区牛久保西1-9-1
電話:045-913-6211

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。