第156回:進化し続ける「マツダ・ロードスター」

2012.08.13 エディターから一言

第156回:進化し続ける「マツダ・ロードスター」今回のマイナーチェンジのポイントはここだ

立ちはだかった「歩行者保護」

去る7月、「マツダ・ロードスター」がマイナーチェンジした。変更の内容については既報のとおりだが(関連記事はこちら)、要約すると「ソフトトップ車とパワーリトラクタブルハードトップ(RHT)車のキャラクターの違いを明確にする内外装の小変更」「スポーツカーならではの運転操作の楽しみを拡大する加減速コントロール性の向上」「アクティブボンネットを全車に標準装備」「グラム単位の軽量化をさらに徹底」ということである。

記してしまえば、ごく一般的なマイナーチェンジに思えるが、「内容について興味がおありでしたら、開発者から直接話を聞いていただく場を設けますが?」という誘いがマツダから届いたので、参加してみた。話を伺ったのは、開発主査の山本修弘氏と、操安性能開発グループの梅津大輔氏のお二人である。

2005年に登場した、初代から数えて3代目となる現行ロードスター(NC型)は、2008年にフロントグリルをほかのマツダ車に共通する五角形に改めるなどのフェイスリフトを実施している。今回はそれに続き2度目の化粧直しとなるが、9年間のモデルサイクルの間に一度も顔を変えなかった初代(NA型)や、途中でヘッドライトとバンパーのみを小変更した2代目(NB型)と比べて、「変えすぎ」という印象を受けた人もいるのではないだろうか。

だが、今回のマイナーチェンジは、決して目先を変えることだけが目的ではない。マツダの意向がどうであれ、外的要因によって変えなければならない部分があったのである。その要因とは、日本およびヨーロッパにおける歩行者保護のための安全基準の改定。新たな基準では、車両対歩行者の事故の際に歩行者の体が車体の下部に潜りこまず、ボンネットの上にはね上げられるようにしなくてはならない。そのためにノーズを下端に向かって突き出したような形状に整形し、チンスポイラーも装着したのである。

さらには、そうしてボンネットにはね上げられた歩行者の、頭部への衝撃を緩和するため、ボンネットとエンジンなどの間にクラッシャブルゾーン(空間)を設けなければならない。しかし、ロードスターはもともと余分な空間などないタイトな設計である。そこで、一定以上の衝撃を受けるとボンネット後端が瞬時に持ち上がり、空間を広げるアクティブボンネットを全車に採用したのだ。

マイナーチェンジを受けた新型「マツダ・ロードスター」。ソフトトップの「RS」(右)とパワーリトラクタブルハードトップの「RS RHT」。
マイナーチェンジを受けた新型「マツダ・ロードスター」。ソフトトップの「RS」(右)とパワーリトラクタブルハードトップの「RS RHT」。
2台並んだソフトトップの「RS」。右がマイナーチェンジ前の旧型、左がマイナーチェンジ後の新型である。新型はグリル開口部を拡大して奥行き感を強調、フォグランプベゼルの形状も改められた。ヘッドライトのベゼルもブラック仕上げとなり、表情がより引き締まった。
2台並んだソフトトップの「RS」。右がマイナーチェンジ前の旧型、左がマイナーチェンジ後の新型である。新型はグリル開口部を拡大して奥行き感を強調、フォグランプベゼルの形状も改められた。ヘッドライトのベゼルもブラック仕上げとなり、表情がより引き締まった。
この角度から見ると、新型(左)のマスクは下端に向かってアゴを突き出したような形状になっていることがわかる。下端にはチンスポイラーが装着され、空力性能も向上している。
この角度から見ると、新型(左)のマスクは下端に向かってアゴを突き出したような形状になっていることがわかる。下端にはチンスポイラーが装着され、空力性能も向上している。
あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る