フォルクスワーゲン「ルポ」発売

2001.07.11 自動車ニュース
 
 
010711_020.gif

フォルクスワーゲン「ルポ」発売(7/11)

2001年7月10日、フォルクスワーゲンジャパンは、「ルポ」の日本導入を発表した。ルポは、1998年にデビューしたVWのボトムレンジを担う3ドアハッチ。99年に登場した、1.2リッター3気筒ディーゼル搭載の「3リッターモデル」(100km/hを3リッターの燃料で走る)が話題になったが、日本に輸入されるのは、「1.4リッター直4+4AT」というコンベンショナルなグレード。
ベーシックな「ルポ」が149.9万円、パワーウィンドウ、センターロック、オーディオ類を備えた「ルポ コンフォートパッケージ」が10万円高の159.0万円。戦略的なプライスタグが付けられた。

ルポのボディサイズは、全長×全幅×全高=3525×1640×1475mm。トヨタ・ヴィッツよりひとまわり小さい。車重は1000kgである。1.4リッターのオールアルミ・ツインカム16バルブエンジン(75ps/5000rpm、12.8kgm/3800rpm)は、もちろんガソリンユニット。ロックアップ機構をもつ4段ATを介して前輪を駆動する。

登場以来、全世界で累計26万4100台(1998年9月から2001年3月まで)が販売されたヴォルフスブルクのベイビィハッチ。日本でも、リーズナブルな価格でさらなるユーザー層の拡大を図る。2001年度の目標販売台数は1500台。2002年度は5000台を売りたいという。
「ポロでは、まだまだ国産車ユーザーを拾いきれなかった」と梅野勉フォルクスワーゲングループジャパン代表取締役。将来のフラッグシップ「D1」を見据えてか、「モデルレンジを上下に拡大していきたい」とも。「それによってユーザーの絶対数を増やし、VWのモデルラインナップ内でステップアップしていくように」と今後の戦略を語った。フォルクスワーゲンは、輸入車の“いつかはクラウン”トヨタを目指す!?

(webCGアオキ)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフRヴァリアント(4WD/7AT)【試乗記】 2017.7.24 試乗記 「ゴルフ」シリーズの刷新に伴い、さらなる進化を遂げた「ゴルフRヴァリアント」。「速いゴルフなら『GTI』で十分」という筆者の見方は、試乗後にどう変化したのか? 共働きファミリーの日常を想定し、このクルマの持つ真価について考えた。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
  • アウディQ2 1.0 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.8.7 試乗記 アウディのSUV製品群である「Q」シリーズの末っ子こと「Q2」。“ポリゴン”をモチーフにしたという、ユニークなスタイリングが目を引くニューフェイスの出来栄えを、中間グレードの「1.0 TFSIスポーツ」で試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る