「アルファ147」展示される

2001.07.11 自動車ニュース
 
 
010711_019.gif

「アルファ147」展示される(7/11)

2001年7月10日、フィアットオートジャパンは、東京都渋谷区の「セルリアンタワー東急ホテル」において、アルファ147の報道撮影会を行った。

アルファ147は、2000年のトリノショーでデビューし、翌年の「ヨーロピアン・カー・オブ・ザ・イヤー」を受賞したアルファロメオのハッチバックモデル(写真・上)。ベースは、上級サルーン「アルファ156」である。展示されたのは、3ドアと5ドアの2種類で、いずれも右ハンドル仕様。ドライブトレインは、2リッター直4「ツインスパーク」ユニット(150ps、18.5kgm)と、クラッチを電子制御するオートマチックモード付き5段MT「セレスピード」が組み合わされる。日本への正式輸入は、今秋だという。

地下2階の会場は、「新車の発表会というと、いつもはスーツ姿が目立つのに、今回は撮影会だからカメラマンさんでイッパイだった」と、webCGワタナベ記者(女性)。2台の147にはカバーがかけられていたが、プロモーションビデオが終わるとともに、姿を現わした。「カワイイ」というのが、ワタナベ記者の感想である。

会場には、7月20日から販売が開始される限定車、アルファ156「ロッソコルセ」(401.0万円/写真・中)ほか、8月3日から神奈川県は横浜みなとみらい・パシフィコ横浜で開催されるアルファロメオ博物館「ムゼオ アルファロメオ-The Essence of Beauty-」の紹介を兼ねて、歴史的名車「6C 2500Villa d'Este」(写真・下)も飾られた。

(webCGアオキ)

 
 

関連キーワード:
アルファ147アルファ・ロメオ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アルファ・ロメオ・ミト コンペティツィオーネ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.6 試乗記 アルファ・ロメオのスポーティーコンパクト、「ミト」にあらためて試乗した。デビューから8年を経て、熟成はどこまで進んだのか。箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • 第76回:騙されてつながった赤い糸 2018.2.6 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第76回は「騙されてつながった赤い糸」。「MJ戦略参謀本部」放談、第4弾。激安イタ車に愛を捧げ続けた男、安ド二等兵。彼が、諦めの境地で手に入れた「マツダ・デミオ」に、驚愕の事実が発覚!  
ホームへ戻る