ジャガー、「XJシリーズ」に新モデル2車種を追加

2001.07.12 自動車ニュース
 
 
010712_021.gif

ジャガー、「XJシリーズ」に新モデル2車種を追加(7/12)

ジャガージャパンは、アッパークラスセダン「XJシリーズ」に、2種類の新グレード「XJスポーツ3.2-V8」「ソブリン3.2-V8」を追加設定、2001年7月14日に販売を開始する。

新グレードは、ともに3.2リッターV8を搭載した「XJエグゼクティブ3.2-V8」がベース。「XJスポーツ3.2-V8」は文字通りスポーティ仕様、また「ソブリン3.2-V8」は上級モデル「ソブリン」の装備を奢り、豪華仕様とした。

「XJスポーツ3.2-V8」は、レートの高いスプリングとダンパーの減衰力を電子制御するアクティブサス「CATS」を搭載。ベースモデルより2インチアップした18インチタイヤと、BBS製のアロイホイールを装着する。オーディオ装備は、6連奏CDオートチェンジャーだ。
価格は、ベース車より60.0万円高い、750.0万円。

いっぽう、「ソブリン3.2-V8」は、3.2リッターモデルながら4リッターユニットを積んだ上級モデル「ソブリン4.0-V8」に準じた装備を付与。すなわち、本革巻きウッドステアリングホイール、ウッドギアシフトノブ、後席シートヒーター、リアサンブラインド ウールフロアマットなどが採用された。
価格は、ベース車プラス50.0万円、4リッターモデル比で150.0万円安い、740.0万円。(なお、写真はXJシリーズのもので、該当モデルにあらず)

(webCG 有吉)

 
 
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • アウディ、新型「R8スパイダー」を発売 2017.6.7 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年6月6日、フラッグシップスポーツカーのオープントップモデル「R8スパイダー」の新型を発売した。2017年3月28日に日本導入が発表されており、当時アナウンスされていた7月上旬から、1カ月ほど前倒しでの発売となった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード ブラックエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.7 試乗記 ハイパワーなW12エンジンを搭載する、「ベントレー・コンチネンタルGT」の高性能バージョン「コンチネンタルGTスピード」に試乗。その走りっぷりや、クルマとしての使い勝手を報告する。
  • ロールス・ロイス、新型「ファントム」を7月末に発表 2017.6.1 自動車ニュース 英ロールス・ロイスが、新型「ファントム」を7月末にロンドンのメイフェアで公開すると発表した。ファントムは1925年に誕生したロールス・ロイスの最上級モデルであり、今回披露される新型は、その8代目にあたる。
ホームへ戻る