トヨタ「カローラスパシオ」に4WD車が登場

2001.07.24 自動車ニュース
 
 
010724_031.gif

トヨタ「カローラスパシオ」に4WD車が登場(7/24)

トヨタ自動車は、カローラベースのコンパクトミニバン「カローラスパシオ」に生活ヨンクたる4WD車を追加設定、2001年7月23日から販売を開始した。

今回採用されたのは、ビスカスカプリング式の「Vフレックスフルタイム4WD」。通常はFFに近いトルク配分だが、滑りやすい路面やコーナリング時などでは後輪に駆動力を移し、操縦・走行安定性の向上を図るというものだ。
価格は、FF車プラス16.0万円で、「V」の176.7万円から、「Sエアロツアラー」の207.7万円まで。

同時に、福祉車両「ウェルキャブシリーズ」にも4WD車が登場した。助手席が回転し乗り降りしやすい「助手席回転シート仕様車」が184.7万円から215.7万円、助手席が回転・上下動する「助手席リフトアップシート仕様車」が211.5万円から242.5万円、足の不自由な方のための運転補助装置の付いた「フレンドマチック取付用専用車」は181.7万円から208.7万円まで。  

(webCG 有吉)

 
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・アルファード/ヴェルファイア【試乗記】 2015.2.28 試乗記 「大空間高級サルーン」をキーワードに開発したという、新型「トヨタ・アルファード/ヴェルファイア」。果たして、その仕上がりは? 複数のバリエーションに試乗してわかった、使い勝手や走りの特徴を報告する。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
  • トヨタ・タンク カスタムG-T(FF/CVT)【試乗記】 2017.2.1 試乗記 コンパクトハイトワゴン市場にトヨタ陣営が投入したニューモデル「タンク」。3気筒ターボエンジンを搭載した上級グレード「カスタムG-T」に試乗し、同市場のパイオニアである「スズキ・ソリオ」との違いを確かめた。
  • トヨタ・ルーミーG“S”(FF/CVT)【試乗記】 2017.1.30 試乗記 「スズキ・ソリオ」の独占状態だったコンパクトハイトワゴン市場に、満を持して投入されたトヨタのコンパクトカー「ルーミー」。実際に試乗してみたら……? 走りの質感や使い勝手、さらに燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る