サーブユーザーはネット好き?

2001.07.30 自動車ニュース
 

サーブユーザーはネット好き?

輸入車販売の老舗「ヤナセ」は、「サーブのユーザー層はインターネットへの関心が非常に高い」との社内調査をもとに、インターネットからのみ申し込めるサーブの特別装備車両を3車種、設定した。約40万円から90万円相当の充実した装備品を装着しながら、車両本体価格の上昇を5.0万円に抑えたのがジマンだ。

・9-3 2.0t(300.0万円):アルミホイール、コーナーセンサー、6連奏CDチェンジャーなど、追加装備は56.9万円相当。
・9-3 2.0tカブリオレ(500.0万円):フロントスポイラー、サイドスカート、リアブリッジスポイラー、エアロ専用17インチアルミホイールなど、追加装備は91.3万円相当。
・9-5 2.3tエステート(490.0万円):DVDナビゲーションシステム、2DIN7型ワイドMD/CDプレイヤーなど、追加装備は41.8万円相当。

ただし、各モデル3台ずつ、計9台しか用意されない。募集期間は、2001年7月28日から8月19日、翌20日に抽選が行われる予定だ。興味があるヒトは、www.yanase.co.jp に、アクセス、アクセス!!

なお、今回のお買い得車は、ヤナセがサーブの取り扱いを開始して5年目になるのを記念して提供される、ということになっている。

(webCGアオキ)

関連キーワード:
9-3スポーツセダン9-3カブリオレ9-5エステートサーブ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.9.11 試乗記 サーブ9-5ベクターXWD(4WD/6AT)
    ……652万9000円

    サーブの旗艦モデル「9-5」がフルモデルチェンジを果たし、日本に上陸した。2リッター直4ターボを搭載するベースグレードの走りを試す。
  • アストンマーティン・ラピードS シャドーエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.10.13 試乗記 「アストンマーティン・ラピードS」は不思議な存在だ。ある時はスポーツカー、またある時はフォーマルサルーン、そしてハッチゲートを開ければ“ユーティリティービークル”に早変わり。しかしてその実体は……。 特別仕様車「シャドーエディション」に試乗した。
  • 第61回:輸入中古車LOVE(後編) 2017.10.3 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第61回は「輸入中古車LOVE(後編)」。激安中古「BMW 320d」の購入に関連して、輸入中古車評論家・伊達軍曹との対談(後編)を送る。最近の人気のショップとは? 中古車業界をめぐる最新事情に迫る。
ホームへ戻る