サーブユーザーはネット好き?

2001.07.30 自動車ニュース
 

サーブユーザーはネット好き?

輸入車販売の老舗「ヤナセ」は、「サーブのユーザー層はインターネットへの関心が非常に高い」との社内調査をもとに、インターネットからのみ申し込めるサーブの特別装備車両を3車種、設定した。約40万円から90万円相当の充実した装備品を装着しながら、車両本体価格の上昇を5.0万円に抑えたのがジマンだ。

・9-3 2.0t(300.0万円):アルミホイール、コーナーセンサー、6連奏CDチェンジャーなど、追加装備は56.9万円相当。
・9-3 2.0tカブリオレ(500.0万円):フロントスポイラー、サイドスカート、リアブリッジスポイラー、エアロ専用17インチアルミホイールなど、追加装備は91.3万円相当。
・9-5 2.3tエステート(490.0万円):DVDナビゲーションシステム、2DIN7型ワイドMD/CDプレイヤーなど、追加装備は41.8万円相当。

ただし、各モデル3台ずつ、計9台しか用意されない。募集期間は、2001年7月28日から8月19日、翌20日に抽選が行われる予定だ。興味があるヒトは、www.yanase.co.jp に、アクセス、アクセス!!

なお、今回のお買い得車は、ヤナセがサーブの取り扱いを開始して5年目になるのを記念して提供される、ということになっている。

(webCGアオキ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)【試乗記】 2011.8.3 試乗記 サーブ9-5エアロXWD(4WD/6AT)
    ……721万9000円

    13年ぶりにフルモデルチェンジした「サーブ9-5」。“二枚目”なスタイリングに生まれ変わった新型の、走り方はいかに? 最上級のスポーティグレード「エアロXWD」に試乗した。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • サーブ9-5 2011.6.30 画像・写真 2011年3月18日に発売されたサーブのフラッグシップモデル「9-5」。震災の影響で3カ月ほど遅れて実車のお披露目会が行われた。
  • レクサスLC500hプロトタイプ(FR/CVT)/LC500プロトタイプ(FR/10AT)【レビュー】NEW 2016.12.9 試乗記 レクサスの新たなラグジュアリークーペ「LC」シリーズにスペインで試乗。新世代のハイブリッドシステムを搭載した「LC500h」と、5リッターV8エンジンを搭載した「LC500」には、それぞれにまったく異なる魅力が宿っていた。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
ホームへ戻る