ジャガーが「Fタイプ」を出展【パリサロン2012】

2012.08.12 自動車ニュース
「ジャガーFタイプ」
「ジャガーFタイプ」

【パリサロン2012】ジャガーが「Fタイプ」を出展

英ジャガーは、2012年9月27日に開幕するパリモーターショーに、オールアルミ製の新型2シータースポーツカー「Fタイプ」を出展する。

「Fタイプ」に搭載される新型3リッターV6スーパーチャージャー付きエンジン。380ps/46.9kgm仕様と340ps/45.9kgm仕様の2種類が用意される。
「Fタイプ」に搭載される新型3リッターV6スーパーチャージャー付きエンジン。380ps/46.9kgm仕様と340ps/45.9kgm仕様の2種類が用意される。

ジャガーが「Fタイプ」を出展【パリサロン2012】の画像

「Fタイプ」はコンバーチブルボディーをまとい、3リッターV6および5リッターV8のスーパーチャージャー付きエンジンを搭載する。

3リッターV6スーパーチャージャー付きエンジンは新しく開発されたもので、380psと340psの2種類が用意される。380ps仕様はFタイプ専用となるが、340ps仕様については既存の5リッターV8自然吸気エンジンを置き換えるかたちで、「XF」や「XJ」にも搭載されるという。

またFタイプでは、すべてのエンジンにアイドリングストップ機構とZF製8段トランスミッションを組み合わせる予定。

Fタイプのプロトタイプは2012年6月、英国のモータースポーツイベント「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2012」で一般公開されていた。2012年の終わりに本格的な生産が始まり、2013年半ばに現地で発売される見込み。

(webCG 竹下)

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る