トヨタ「WiLL Vi」に特別仕様車

2001.07.31 自動車ニュース

トヨタ「WiLL Vi」に特別仕様車

トヨタ自動車は、ヴィッツベースの「WiLL Vi」に、特別仕様車、その名も「シンデレラパール」を設定、2001年7月30日に発売した。

「WiLL Viシンデレラパール」は、同車のプロモーションキャンペーン「GOOD Viプロジェクト」の一環としてリリースされたモデル。2001年6月21日から8月31日まで販売中の特別仕様車「WiLL Viバニラトップ」に次ぐ第2弾だ。

最大の特徴は、通常はオプション設定されるボディ色「ホワイトパールマイカ」を標準で採用しつつ、価格を据え置いた、という点(のみ)。「“シンデレラのかぼちゃの馬車”をモチーフにしたシルエットにふさわしい高級感のあるカラー」(プレスリリース)を与えたわけだ。
価格は130.0万円。

「GOOD Viプロジェクト」では、ホームページ上で「ライブショールーム」を展開中。東京・青山のWiLL専用ショールーム「WiLL V's SQUARE AOYAMA」から、リアルタイムの画像を配信し、チャット形式で購入の相談を受けているという。(なお、写真は標準モデルのもの)

(webCG 有吉)

「WiLL Vi」:
http://www.willshop.com/will-vi/enjoy2001

トヨタ「WiLL Vi」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。