PTクルーザー、ヨーロッパで生産開始

2001.08.02 自動車ニュース

PTクルーザー、ヨーロッパで生産開始

ダイムラークライスラー日本は、クライスラー「PTクルーザー」の生産をオーストリアで始めたことを、2001年7月17日に発表した。

PTクルーザーの新しい生産ラインは、オーストリアはグラーツにあるダイムラークライスラー社のユーロスター工場(グラーツ工場)に設置。クライスラー・ボイジャーと同じラインで混流生産される。

ダイムラークライスラーは、PTクルーザーの生産拡張を進めている。01年4月には、メキシコ、トルーカ工場の生産能力を年産18万台から26万台に拡大することを発表。今回、年間5万台を生産できるグラーツ工場を加わえたことで、2002年には年31万台を造る、とダイムラークライスラーの鼻息は荒い。
また、1つのラインで2モデルを生産することで、各車の生産台数を需要に合わせて調整することが容易になったという。

グラーツ工場で生産されるのは、PTクルーザーの2リッターガソリンエンジンモデル。左右ハンドル仕様車が、欧州、アジア太平洋、アフリカ市場に向けてラインオフされる。日本で売られるPTクルーザーは、2001年末発売予定の2002年モデルから“オーストリア産”となる。

PTクルーザーは、2000年にデビュー。クライスラー「ネオン」のプラットフォームにクラシカルなハッチバックボディを載せて、世界中で大ヒット。アメリカでの販売台数は、00年4月から01年6月末日まで19万4976台、日本市場では同時期に2317台を記録した。

(webCG 有吉)

クライスラー「PTクルーザー」:
http://www.chrysler-japan.com/lineup/pt.html

 
PTクルーザー、ヨーロッパで生産開始の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.23 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    ランチア改めクライスラーのバッジを付けて上陸した「イプシロン」。ブランドが変わっても、このクルマならではのワン&オンリーな魅力は変わらない。
  • クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)【試乗記】 2013.1.6 試乗記 クライスラー・イプシロン プラチナ(FF/5AT)
    ……260万円

    イタリアのランチア改め、アメリカのクライスラーブランドで国内販売が始まった、新型「イプシロン」。巨匠 徳大寺有恒が、その印象を語る。
  • ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)【試乗記】 2011.9.1 試乗記 ランチア・イプシロン 0.9 ツインエア(FF/5MT)
    ……263万5000円

    フルモデルチェンジで3代目に生まれ変わった「イプシロン」。“あの”ツインエアを搭載する走りに、ランチアらしさは感じられたのか?
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
ホームへ戻る