トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジ

2001.08.03 自動車ニュース

トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジ

トヨタ自動車は、主として法人向けの4ドアセダン「クラウンセダン」をフルモデルチェンジし、2001年8月1日に発売した。

「クラウンセダン」は、1999年9月にフルモデルチェンジを受けた、いわゆるクラウンシリーズ(「マジェスタ」「ロイヤルサルーン」「アスリート」)とは別の、3ボックス4ドアセダン。主にハイヤーや法人の社用車として使われている。

95年12月以来、5年8ヶ月ぶりに行われたフルモデルチェンジでは、内外装の意匠変更、エンジンバリエーションの整理、環境・安全性能の向上などが図られた。

エクステリアは、フロントグリル、フロント/リアバンパー、リアコンビネーションランプなど新デザインとし、「フォーマルイメージを強調」(プレスリリース)。内装も一新し、「クラウンらしいくつろぎの空間を演出」(同)した。

パワーユニットは、従来までの2リッター/2.5リッター/3リッター直6ガソリンエンジンから、2リッター直6「1G-FE」と、液化石油ガス(LPG)を燃料とする2リッター直6「3Y-PE」の2本立てに集約。ガソリンエンジンは、電子制御4AT「ECT-iE」と組み合わせることでさらに低燃費化、LPGエンジンは、触媒性能の向上などにより、全車において排出ガスの低減を図った。

さらに、急ブレーキ時に制動力を高める「ブレーキアシスト」を全車に標準装備。各ピラーやルーフサイドレールの内装材に、衝撃を吸収するリブなどを内蔵した「頭部衝撃緩和構造」などを採用し、安全性を向上させた。

価格は、LPGユニット搭載「スーパーデラックス」の224.0万円から、ガソリン仕様「スーパーデラックスGパッケージ」の259.0万円まで。

同時に、福祉車両「ウェルキャブシリーズ」も発売。下肢が不自由な方や高齢者などの乗降性を高める「後席回転シート仕様Aタイプ」と、車いす収納装置を装備した「後席回転シート仕様Bタイプ」が新たにラインナップされた。261.5万円から276.5万円まで。

なお、クラウン「マジェスタ」「ロイヤルサルーン」「アスリート」は、8月中旬にマイナーチェンジ予定。簡易型ハイブリッド搭載モデルは、秋にリリースされるという。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「クラウンセダン」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/CrownSedan/index.html

 
トヨタ、「クラウンセダン」をフルモデルチェンジの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・カローラ アクシオ ハイブリッドG(FF/CVT)/ホンダ・グレイスHYBRID EX(FF/7AT)【試乗記】 2015.6.17 試乗記 トヨタとホンダの最新コンパクトセダンに試乗。代表的な2台を比較しながら、かつて世のスタンダードとされていた4ドア車の“いま”をリポートする。
  • フルモデルチェンジしたカムリを知る 2017.7.11 ALL NEW CAMRY DEBUT <PR> 世界中で愛されてきたトヨタのグローバルセダン「カムリ」。官能的なスタイリングと優れた走行性能、先進の安全性能を併せ持つ、最新モデルがデビューした。
  • BMW 523dツーリング ラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.7.10 試乗記 誕生から4世代を数える「BMW 5シリーズ」のステーションワゴン、「5シリーズ ツーリング」の新型が日本に導入された。ディーゼルモデル「523d」の試乗を通してその実力を測るとともに、他の車型にはない“ワゴンならではの魅力”とは何かを考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
ホームへ戻る