GMの新スポーティセダン「キャディラックCTS」が初公開

2001.08.03 自動車ニュース

GMの新スポーティセダン「キャディラックCTS」が初公開

米ゼネラルモーターズ(GM)は、2001年8月18日、米カリフォルニア州モントレーで開催されるクラシックカーイベント「ペブルビーチコンクールドエレガンス」の会場で、キャディラックの新型スポーティセダン「CTS」を初公開すると発表した。

「キャディラックCTS」は、「セビル」「ドゥビル」といった大型FFセダンを中心とするキャディラックが久々に世に出す、FR(後輪駆動)モデル。ライバルと目されるメルセデスEクラス、BMW 5シリーズら欧州高級メーカーに戦いを挑む。日本では、10月に開催される第35回東京モーターショーでお披露目された後、2002年中に販売が開始されるという。

「表現力豊かなデザインと独創の先進テクノロジーの高い次元での融合」を開発コンセプトとした「CTS」。詳しいスペックは発表されていないが、トランスミッションはGM初の電子制御5段AT「5L40-Eハイドラマチック」となる。01年中に稼働予定の米ミシガン州ランシンググランドリバー工場で生産される、記念すべき第1号モデルだ。

(webCG 有吉)

 
GMの新スポーティセダン「キャディラックCTS」が初公開の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • キャデラックATS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.13 試乗記 470psの3.6リッターV6ツインターボエンジンを搭載するコンパクトキャデラック、「ATS-V」に試乗。キャディとてSUVが人気のこの時代、ど真ん中のセダンで勝負するこのコンパクトモンスターは、とびきり男前な一台といえるかもしれない。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る