スズキ「アルト」、生産台数400万台を達成

2001.08.03 自動車ニュース
 

スズキ「アルト」、生産台数400万台を達成

スズキは、軽乗用車「アルト」の累計生産台数が400万台を達成したと、2001年8月1日に発表した。


1979年デビュー、「ボンバンブーム」の火付け役を担った初代モデル(上)と、1998年の軽自動車新規格化に合わせて発売された現行5代目モデル(下)。
 

「アルト」は、1979年5月にデビュー。装備を徹底的に簡略化、「4ナンバー」(商用)車登録として、当時50-60万円の価格帯だった同クラスにおいて、「全国標準現金価格47万円」という低価格を実現、その後の「ボンバン(ボンネットバン)ブーム」の火付け役となった。

100万台達成は85年。以降、89年に200万台、93年に300万台とコンスタントに販売台数を伸ばし、2001年7月、5代目の現行モデルで400万台を達成した。

(webCG 有吉)

スズキ「アルト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/alto/index.htm

関連キーワード:
アルトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.4.7 試乗記 楽しいだけのクルマにあらず? 軽い車重にレスポンシブなエンジン、クロスレシオのMT、よく曲がるシャシーと、走りを楽しむために必要なもののすべてがそろった「スズキ・アルト ワークス」。久々に復活した、軽規格のスポーツモデルの魅力に触れた。
  • スズキ・アルト ワークス(FF/5MT)【試乗記】 2016.1.21 試乗記 スズキのベーシックな軽ハッチバック「アルト」に、スポーティーな走りが自慢の「ワークス」が15年ぶりに復活。エンジン、トランスミッション、サスペンションと、いたるところに施された“ワークス専用”のチューニングが織り成す走りを試す。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • スズキ・アルト ターボRS(FF/5AT)【試乗記】 2015.4.1 試乗記 その出来栄えは、標準車の素性のよさがあればこそ? 64psのターボエンジンを搭載した「スズキ・アルト ターボRS」の実力を試す。
ホームへ戻る