スズキ「アルト」、生産台数400万台を達成

2001.08.03 自動車ニュース
 

スズキ「アルト」、生産台数400万台を達成

スズキは、軽乗用車「アルト」の累計生産台数が400万台を達成したと、2001年8月1日に発表した。


1979年デビュー、「ボンバンブーム」の火付け役を担った初代モデル(上)と、1998年の軽自動車新規格化に合わせて発売された現行5代目モデル(下)。
 

「アルト」は、1979年5月にデビュー。装備を徹底的に簡略化、「4ナンバー」(商用)車登録として、当時50-60万円の価格帯だった同クラスにおいて、「全国標準現金価格47万円」という低価格を実現、その後の「ボンバン(ボンネットバン)ブーム」の火付け役となった。

100万台達成は85年。以降、89年に200万台、93年に300万台とコンスタントに販売台数を伸ばし、2001年7月、5代目の現行モデルで400万台を達成した。

(webCG 有吉)

スズキ「アルト」:
http://www.suzuki.co.jp/dom4/lineup/alto/index.htm

関連記事 ホームへ戻る