【スペック】LS600hL:全長×全幅×全高=5210×1875×1480mm/ホイールベース=3090mm/駆動方式=4WD/5リッターV8DOHC32バルブ(389hp/6400rpm、53.1kgm/4000rpm)+交流同期電動機(221hp、30.6kgm)(北米仕様車)

レクサスLS600hL(4WD/CVT)/LS460“Fスポーツ”(FR/8AT)【海外試乗記】

衝撃、再び 2012.08.11 試乗記 レクサスLS600hL(4WD/CVT)/LS460“Fスポーツ”(FR/8AT)

登場から6年を経て大幅なテコ入れが実施された、レクサスのフラッグシップセダン「LS」。その仕上がりをアメリカでの試乗会からリポートする。

変更はフルモデルチェンジ並み

テールランプの変更等を伴った2009年以来、大きいところでは今回が2度めのマイナーチェンジとなるF40系「レクサスLS」。“大きいところ”としたのは、その間も年次ごとに細かなリファイン、いわゆる「記載なき仕様変更」をちまちまと繰り返していたからで、2006年のデビュー以来で変更を受けた箇所は2500にのぼるという。

今回のマイナーチェンジは「スピンドルグリル」をまとってのファミリーフェイスへの統一が主だったところかと思いきや、さにあらず。約6000点の主要構成部品のうち、半分にあたる3000点の部品変更を伴う大掛かりなものとなった。型式認証の変更を伴わないやり方としては、ほとんど限界とも言える手の加えようである。

「スタッフにはフルモデルチェンジくらいの勢いでやってもらいましたから。市場でそんなことは言えませんが、本音はね、マイナーチェンジとしたくないところもありますわ」
……と、レクサスインターナショナルの伊勢清貴プレジデント。従来のトヨタ自動車レクサス本部に対して、より独立した組織体系を組み、レクサスにまつわるデザインや技術開発、営業等のリソースを束ねることで意思疎通と業務効率の向上を目指すこのグループは、今年稼働を始めた。
グリルばかりに目がいくが、トヨタの中では今、レクサスブランドの強化があらゆる方面から図られている。言わずもがな、世界市場でのプレゼンス向上だけでなく、日本市場の収益体質改善においてもレクサスの成功は必達事項なわけだ。

その商品的象徴でもあるLSが、あまたのライバルに対して商品力を落としていたのは確かな話。当初予定の1.5倍近くに達した予算をのんでもらったという渡辺秀樹チーフエンジニアが強調した開発目的は、乗っての静粛性やスムーズネスを再び世界一へと引き上げながら、先進デバイスの新規採用やアップデートにより安全性を世界最高水準に高めるというものだった。すなわち、代々のLSが切り開いてきたレクサスの商品コンセプトの原点をリマインドしようというわけである。

逆台形と台形を組み合わせた大きな「スピンドルグリル」が目を引く、新型「レクサスLS」。先行して「GS」や「RX」などにも採用された意匠である。
逆台形と台形を組み合わせた大きな「スピンドルグリル」が目を引く、新型「レクサスLS」。先行して「GS」や「RX」などにも採用された意匠である。
インテリアデザインも一新。塊感のあるセンターコンソールは廃され、水平基調のインストゥルメントパネルが与えられた。
インテリアデザインも一新。塊感のあるセンターコンソールは廃され、水平基調のインストゥルメントパネルが与えられた。
レクサスLS600hL(4WD/CVT)/LS460“Fスポーツ”(FR/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

LSの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る