全日本GT、GT-Rが1−2フィニッシュ!

2001.08.06 自動車ニュース

全日本GT、GT-Rが1−2フィニッシュ!

全日本GT選手権の第4戦決勝が、2001年8月5日、静岡県の富士スピードウェイ(4.400km)を57周して行われた。GT500クラス優勝は、No.22 ザナヴィ ヒロトGT-R(ミハエル・クルム/田中哲也組)。2位には、0.895秒の僅差でNo.23 ペンズオイル ゼクセルGT-R(エリック・コマス/影山正美組)が入り、スカイラインGT-Rが1−2フィニッシュを飾った。

以下、3、4位に2台のスープラ(3位 No.6 エッソウルトラフロー スープラ(脇阪寿一/野田英樹組)4位 No.38 auセルモスープラ(竹内浩典/立川祐路組))が入賞。2台のNSX、No.1 ロックタイト無限 NSX(道上 龍/光貞秀俊組)、No.64 Mobil 1 NSX(ドミニク・シュワガー/松田次生組)が5位、6位でレースを終えた。

GT300クラスは、No.81 ダイシン ADVAN シルビア(大八木信行/青木孝行)が優勝。ニッサン大活躍の1日だった。

(webCG 有吉)

全日本GT、GT-Rが1−2フィニッシュ!の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。