トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わる

2001.08.07 自動車ニュース

トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わる

トヨタ自動車は、世界初の量産ハイブリッドカー「プリウス」を一部改良、“走り仕様”たる「ユーロパッケージ」を追加設定し、2001年8月2日に発売した。

今回の改良では、最新型のDVDボイスナビゲーション(13.0万円でオプション設定)、ボディ色「ボルドーマイカ」を採用したのが新しい。

追加されたオプションパッケージ「プリウス ユーロパッケージ」(写真)は、“走り”に応えるべく、エアロパーツや専用チューンの足まわりを装備したモデル。リアスポイラー、リアスパッツにより「車両後方の空気の流れを最適化」(カタログ)。さらに、欧州向けサスペンション/リアスタビライザーと、標準より幅太で1インチ小さい175/65R14タイヤ、リアにディスクブレーキを装着し、走行性能の向上を図った。

価格は、従来モデルから据え置き。標準の「S」が218.0万円、本革巻きステアリングホイールなどを奢った「G」は228.0万円。「ユーロパッケージ」はそれぞれ5.0万円高となる。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「プリウス」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Prius/index.html

トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わるの画像

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • トヨタ・ヴィッツGRスポーツ“GR”(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.18 試乗記 見た目の印象だけでなく、これが「ヴィッツ」かと思えるほど、走りも別モノになっている! トヨタが新たに立ち上げたスポーツブランドの一翼を担う、コンパクトカー「ヴィッツGRスポーツ“GR”」の実力を報告する。
  • 日産リーフG(FF)【試乗記】 2017.12.6 試乗記 最大航続距離400kmをうたう新型「日産リーフ」に試乗。運転支援技術「プロパイロット」の搭載など、トピックに事欠かないニューモデルだが、やっぱり気になるのは“本当の”航続可能距離。540kmにおよんだテストドライブの結果を報告する。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT... 2017.11.24 試乗記
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記