トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わる

2001.08.07 自動車ニュース

トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わる

トヨタ自動車は、世界初の量産ハイブリッドカー「プリウス」を一部改良、“走り仕様”たる「ユーロパッケージ」を追加設定し、2001年8月2日に発売した。

今回の改良では、最新型のDVDボイスナビゲーション(13.0万円でオプション設定)、ボディ色「ボルドーマイカ」を採用したのが新しい。

追加されたオプションパッケージ「プリウス ユーロパッケージ」(写真)は、“走り”に応えるべく、エアロパーツや専用チューンの足まわりを装備したモデル。リアスポイラー、リアスパッツにより「車両後方の空気の流れを最適化」(カタログ)。さらに、欧州向けサスペンション/リアスタビライザーと、標準より幅太で1インチ小さい175/65R14タイヤ、リアにディスクブレーキを装着し、走行性能の向上を図った。

価格は、従来モデルから据え置き。標準の「S」が218.0万円、本革巻きステアリングホイールなどを奢った「G」は228.0万円。「ユーロパッケージ」はそれぞれ5.0万円高となる。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「プリウス」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Prius/index.html

トヨタ「プリウス」に“走り仕様”が加わるの画像

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • スズキ、新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の情報を先行公開 2018.6.18 自動車ニュース スズキが、7月に発表される4代目となる新型「ジムニー/ジムニーシエラ」の一部情報を先行公開した。先祖返りしたようなクロスカントリー車然としたデザインが特徴で、中身もラダーフレームやパートタイム4WDといったメカニズムは踏襲されている。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
ホームへ戻る