トヨタ、「オーパ」を改良

2001.08.07 自動車ニュース

トヨタ、「オーパ」を改良

トヨタ自動車は、ビスタベースのミニバン「オーパ」を改良し、2001年8月2日に発売した。

今回の改良では、シートやドアトリムなど表皮を変更し、「より質感を高めた」(プレスリリース)。加えて、灰皿、シガレットライターに照明機能を追加、ISO−FIX対応のチャイルドシート固定専用バーを全車の後席に標準装備、カーナビやオーディオを統合した「ワイドマルチAVステーションII」(オプション)をDVD化にするなど、装備の充実が図られた。

さらに、従来まで2リッターモデルにのみ設定されていた「Sパッケージ」(本革シート、スポーツタイプ2灯式マルチリフレクターヘッドランプなど)を、1.8リッターにも拡大設定。グレードのバラエティを増やした。

価格は、一部モデルで従来より3.0から5.5万円プライスダウン。1.8リッター+2WDの169.5万円から、1.8リッター+4WDの221.5万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「オーパ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Opa/index.html

トヨタ、「オーパ」を改良の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。