トヨタ、「セルシオ」を一部改良

2001.08.08 自動車ニュース

トヨタ、「セルシオ」を一部改良

トヨタ自動車は、フラッグシップモデル「セルシオ」の一部を改良し、2001年8月2日に発売した。

最大の特徴は、エアバッグ展開に伴う副作用を軽減する「デュアルステージSRSエアバッグ」を全車の前席に標準装備したこと。このエアバッグは、低速で衝突したときなど衝撃が小さい場合に2段階で展開し、乗員の顔面などへの衝撃を緩和するシステム。従来は助手席にのみ搭載されていたが、今回運転席にも採用された。運転席用は、シート位置センサーによりドライバーの体格を検知、各人にあった細かな対応ができる。

さらに、オプションのDVDナビゲーションシステムを最新モデルに変更。オーディオを9スピーカー(“マークレビンソン”プレミアムサウンドシステムは11スピーカー)に統一したほか、電動リアサンシェードの標準装備の設定を拡大した。ボディ色に「ライトブルーマイカメタリック」が加わったのも新しい。

価格は、「A仕様」の543.0万円から、「C仕様 Fパッケージ インテリアセレクション」の732.0万円まで。

同日、福祉車両「ウェルキャブシリーズ」にも改良を加え、発売した。新たに、後席左側シートが回転・スライドし、高齢の方や足の不自由な方の乗降を容易にする「全自動後席回転スライドシート車Aタイプ/Bタイプ」を設定。助手席が回転・スライドする「全自動助手席回転スライドシートAタイプ/Bタイプ」についても、ベース車同様の変更を施した。
さらに両モデルに、車両左側の車高を約30mm下げることで乗降性を向上させた、新開発の「車両降下機構」を採用した。
690.5万円から705.6万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「セルシオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Celsior/index.html

 
トヨタ、「セルシオ」を一部改良の画像

関連キーワード:
セルシオトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS【海外試乗記】 2017.10.7 試乗記 「より鋭く、より優雅に」をキーワードに、これまでにない動的質感を追い求めたという新型「レクサスLS」。新世代のプラットフォームに新開発のパワートレインと、11年ぶりのフルモデルチェンジですべてが一新されたフラッグシップセダンの出来栄えを試す。
  • トヨタGRシリーズ試乗会(後編)【試乗記】 2017.9.22 試乗記 トヨタが新たに展開するコンプリートカー「GR」シリーズにサーキットで試乗。前編に続いては、ミニバンからセダン、SUVに至るまで、多くの車種で展開されるスポーツモデル“GRスポーツ”の走りを、モデルごとに報告する。
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、新型「センチュリー」を初公開 2017.10.5 自動車ニュース
  • 【東京モーターショー2017】トヨタ、「クラウン コンセプト」を初公開 2017.10.4 自動車ニュース