トヨタ、「セルシオ」を一部改良

2001.08.08 自動車ニュース

トヨタ、「セルシオ」を一部改良

トヨタ自動車は、フラッグシップモデル「セルシオ」の一部を改良し、2001年8月2日に発売した。

最大の特徴は、エアバッグ展開に伴う副作用を軽減する「デュアルステージSRSエアバッグ」を全車の前席に標準装備したこと。このエアバッグは、低速で衝突したときなど衝撃が小さい場合に2段階で展開し、乗員の顔面などへの衝撃を緩和するシステム。従来は助手席にのみ搭載されていたが、今回運転席にも採用された。運転席用は、シート位置センサーによりドライバーの体格を検知、各人にあった細かな対応ができる。

さらに、オプションのDVDナビゲーションシステムを最新モデルに変更。オーディオを9スピーカー(“マークレビンソン”プレミアムサウンドシステムは11スピーカー)に統一したほか、電動リアサンシェードの標準装備の設定を拡大した。ボディ色に「ライトブルーマイカメタリック」が加わったのも新しい。

価格は、「A仕様」の543.0万円から、「C仕様 Fパッケージ インテリアセレクション」の732.0万円まで。

同日、福祉車両「ウェルキャブシリーズ」にも改良を加え、発売した。新たに、後席左側シートが回転・スライドし、高齢の方や足の不自由な方の乗降を容易にする「全自動後席回転スライドシート車Aタイプ/Bタイプ」を設定。助手席が回転・スライドする「全自動助手席回転スライドシートAタイプ/Bタイプ」についても、ベース車同様の変更を施した。
さらに両モデルに、車両左側の車高を約30mm下げることで乗降性を向上させた、新開発の「車両降下機構」を採用した。
690.5万円から705.6万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「セルシオ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/Celsior/index.html

 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る