トヨタ、「ハイラックス」をマイナーチェンジ

2001.08.10 自動車ニュース

トヨタ、「ハイラックス」をマイナーチェンジ

トヨタ自動車は、ピックアップトラック「ハイラックス」の内外装を変更し、2001年8月3日に発売した。

今回のマイナーチェンジでは、パーソナルユース向け「スポーツピックアップ」のフロントグリル、同バンパー、テールゲートの意匠を変更し、力強いイメージを強調。加えて、ライトを点けるとブルーに光るメーターなどを採用した。
さらに、ボディ左前に備わる安全用ミラー「補助確認装置」を2面鏡式とし、車両の直前部分と、助手席側の側面部分の視界が拡がった。

ビジネス向けに装備を簡略化した「デラックス」には、新デザインのフロントグリルを付与。またボディ色に、シルバーメタリック、ダークブルーマイカメタリックの2色を追加した。

価格は、「スポーツピックアップ」が、2リッターガソリンエンジン搭載車(2WD)の167.1万円から、2.7リッターガソリン(4WD)の254.8万円。「デラックス」は、2リッターガソリンモデル(2WD)の112.8万円から、3リッターディーゼル(4WD)の182.8万円まで。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「ハイラックススポーツピックアップ」:
http://www.toyota.co.jp/Showroom/
All_toyota_lineup/HiluxPickup/index.html

 
トヨタ、「ハイラックス」をマイナーチェンジの画像

関連キーワード:
ハイラックスサーフトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキVストローム250(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.4 試乗記 元祖アドベンチャーバイクこと「スズキDR800」。その直系の子孫にあたる「スズキVストローム」シリーズに、250ccクラスの末弟「Vストローム250」が登場した。“怪鳥”の血を引く軽快な最新モデルのキャラクターを、ひとことで表すと……?
  • ホンダ・モンキー50周年アニバーサリー(MR/4MT)【レビュー】 2017.10.28 試乗記 数多くのファンに惜しまれつつ、半世紀におよぶ歴史に幕を閉じた「ホンダ・モンキー」。試乗を通してあらためてその魅力を探るとともに、1967年の誕生以来、今日に至るまで愛されてきたホンダの小さな名車に、惜別のメッセージを贈る。
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.24 試乗記 2009年のフルモデルチェンジをはさみ、「トヨタ・ランドクルーザープラド」に待望のディーゼルエンジン搭載モデルが復活した。「GD」型を名乗るトヨタの最新クリーンディーゼルエンジンの出来栄えを試すとともに、あらためて4代目プラドの実力をリポートする。
  • ホンダCRF250ラリー(MR/6MT)【レビュー】 2017.11.11 試乗記
  • トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)【レビュー】 2017.11.6 試乗記