「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

2001.08.15 自動車ニュース

「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

トヨタ自動車は、「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に、特別仕様車「Primeシリーズ」を設定、2001年8月8日に発売した。

英語で「上質の」を意味する「Primeシリーズ」は、3車に共通装備として、上級シート表皮、「スーパークロームメタリック」のアルミホイール、木目調/本革巻きステアリングホイールを与え、上質感を演出したモデルだ。

「レガリア」(写真上)と名づけられたマークIIの特別仕様車は、「グランデ」の2リッター/2.5リッター、2WD/4WDモデルがベース。ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を設定。さらにディスチャージヘッドランプ、車名入りの金属調ドアスカッフプレートなどを特別装備した。また、「ナビパッケージ」として、最新のDVDボイスナビゲーションを備えたモデルも設定した。
価格は、2WDが、2リッターの246.0万円から2.5リッターナビパッケージの309.0万円まで。4WDは、2リッターが276.0万円、同ナビパッケージは301.0万円。

「ハリアーPrimeセレクション」(写真中)は、ハリアーの全グレードをベースに、ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を用意。加えて、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)、エクセーヌ地の専用シート表皮、マルチアジャスタブルパワーシート(運転席8ウェイ/運転席電動ランバーサポート付き)、木目調/本革巻きシフトレバーノブなどを与えた。さらに、スポーティ仕様たる「iRバージョン」と同様のリアスポイラー、ハーフミラータイプのUVカット機能付きプライバシーガラスを装備した。
2.4リッター+2WDの266.0万円から、3リッター+4WDの315.0万円まで。

「グランドハイエースG Primeセレクション」(写真下)は、3.4リッターガソリン/インタークーラー付き3リッターディーゼルターボ搭載の「G」をベースに、ボディ色に「プライムパールトニング」(オプション)ほか2色を設定。熱線反射濃色ブロンズガラスや、2列目シートに回転収納式のフットレストなどを付与した。
ガソリンモデルは、2WDが321.5万円、4WDは354.0万円。ディーゼルは、2WDが333.0万円、4WDは361.5万円。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「Primeシリーズ」:
http://www.toyota.co.jp/toyopet/prime/pri4.html

 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
ハリアーマークIIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • 一時代を築いたビッグネームが帰ってくる!
    「トヨタRAV4」の“来し方行く末”
    2018.4.18 デイリーコラム 2018年のニューヨークショーで初披露された5代目「トヨタRAV4」。クロスオーバーSUVブームを起こした初代から、ついに日本未発売となった現行型までの、栄枯盛衰の歴史を探るとともに、新型の持つ魅力について考えた。
ホームへ戻る