「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

2001.08.15 自動車ニュース

「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

トヨタ自動車は、「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に、特別仕様車「Primeシリーズ」を設定、2001年8月8日に発売した。

英語で「上質の」を意味する「Primeシリーズ」は、3車に共通装備として、上級シート表皮、「スーパークロームメタリック」のアルミホイール、木目調/本革巻きステアリングホイールを与え、上質感を演出したモデルだ。

「レガリア」(写真上)と名づけられたマークIIの特別仕様車は、「グランデ」の2リッター/2.5リッター、2WD/4WDモデルがベース。ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を設定。さらにディスチャージヘッドランプ、車名入りの金属調ドアスカッフプレートなどを特別装備した。また、「ナビパッケージ」として、最新のDVDボイスナビゲーションを備えたモデルも設定した。
価格は、2WDが、2リッターの246.0万円から2.5リッターナビパッケージの309.0万円まで。4WDは、2リッターが276.0万円、同ナビパッケージは301.0万円。

「ハリアーPrimeセレクション」(写真中)は、ハリアーの全グレードをベースに、ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を用意。加えて、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)、エクセーヌ地の専用シート表皮、マルチアジャスタブルパワーシート(運転席8ウェイ/運転席電動ランバーサポート付き)、木目調/本革巻きシフトレバーノブなどを与えた。さらに、スポーティ仕様たる「iRバージョン」と同様のリアスポイラー、ハーフミラータイプのUVカット機能付きプライバシーガラスを装備した。
2.4リッター+2WDの266.0万円から、3リッター+4WDの315.0万円まで。

「グランドハイエースG Primeセレクション」(写真下)は、3.4リッターガソリン/インタークーラー付き3リッターディーゼルターボ搭載の「G」をベースに、ボディ色に「プライムパールトニング」(オプション)ほか2色を設定。熱線反射濃色ブロンズガラスや、2列目シートに回転収納式のフットレストなどを付与した。
ガソリンモデルは、2WDが321.5万円、4WDは354.0万円。ディーゼルは、2WDが333.0万円、4WDは361.5万円。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「Primeシリーズ」:
http://www.toyota.co.jp/toyopet/prime/pri4.html

 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ハリアーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る