「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

2001.08.15 自動車ニュース

「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車

トヨタ自動車は、「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に、特別仕様車「Primeシリーズ」を設定、2001年8月8日に発売した。

英語で「上質の」を意味する「Primeシリーズ」は、3車に共通装備として、上級シート表皮、「スーパークロームメタリック」のアルミホイール、木目調/本革巻きステアリングホイールを与え、上質感を演出したモデルだ。

「レガリア」(写真上)と名づけられたマークIIの特別仕様車は、「グランデ」の2リッター/2.5リッター、2WD/4WDモデルがベース。ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を設定。さらにディスチャージヘッドランプ、車名入りの金属調ドアスカッフプレートなどを特別装備した。また、「ナビパッケージ」として、最新のDVDボイスナビゲーションを備えたモデルも設定した。
価格は、2WDが、2リッターの246.0万円から2.5リッターナビパッケージの309.0万円まで。4WDは、2リッターが276.0万円、同ナビパッケージは301.0万円。

「ハリアーPrimeセレクション」(写真中)は、ハリアーの全グレードをベースに、ボディ色に「ホワイトパールクリスタルシャイン」(オプション)と「シルバーメタリック」の2色を用意。加えて、ディスチャージヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)、エクセーヌ地の専用シート表皮、マルチアジャスタブルパワーシート(運転席8ウェイ/運転席電動ランバーサポート付き)、木目調/本革巻きシフトレバーノブなどを与えた。さらに、スポーティ仕様たる「iRバージョン」と同様のリアスポイラー、ハーフミラータイプのUVカット機能付きプライバシーガラスを装備した。
2.4リッター+2WDの266.0万円から、3リッター+4WDの315.0万円まで。

「グランドハイエースG Primeセレクション」(写真下)は、3.4リッターガソリン/インタークーラー付き3リッターディーゼルターボ搭載の「G」をベースに、ボディ色に「プライムパールトニング」(オプション)ほか2色を設定。熱線反射濃色ブロンズガラスや、2列目シートに回転収納式のフットレストなどを付与した。
ガソリンモデルは、2WDが321.5万円、4WDは354.0万円。ディーゼルは、2WDが333.0万円、4WDは361.5万円。

(webCG 有吉)

トヨタ自動車「Primeシリーズ」:
http://www.toyota.co.jp/toyopet/prime/pri4.html

 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像


 
「マークII」「ハリアー」「グランドハイエース」に特別仕様車の画像

関連キーワード:
ハリアーマークIIトヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • トヨタが「C-HR」の1.2リッターターボモデルにFF車を新設定 2018.5.8 自動車ニュース トヨタがコンパクトSUVの「C-HR」に一部改良を実施。これまで4WDしか設定のなかった1.2リッターターボ車にFFを設定したほか、「S」「S-T」を除く全車にLEDヘッドランプを標準装備。ボディーカラーに「ネビュラブルーメタリック」を新設定した。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • トヨタC-HR 2016.9.28 画像・写真 欧州トヨタがパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で公開を予定している新型SUV「C-HR」の詳細を発表。また同車の日本仕様の詳細も公開された。その姿を画像で紹介する。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • トヨタ・カローラハッチバック プロトタイプ試乗会【試乗記】 2018.6.4 試乗記 「オーリス」に代わるニューモデルとして発売される、次期「トヨタ・カローラ」のハッチバック車に先行試乗。新世代プラットフォームを用いて開発された新型は、驚くほどの安定性や気持ちよさで“時代の変化”を実感させてくれた。
ホームへ戻る