フォード「エスケープ」に限定モデル

2001.08.22 自動車ニュース

フォード「エスケープ」に限定モデル

フォードジャパンリミテッドは、マツダと共同開発した小型SUV「エスケープ」(マツダ名トリビュート)に、特別装備を奢った限定モデル『イエロー・エスケープ』を設定し、2001年8月20日に発売した。販売台数は100台。

3リッターV6ユニットを載せた「XLT」(4WD)をベースに、カタログモデルには設定されない電動スライドガラスサンルーフを装備したのが最大の特徴だ。ボディ色は、米国における同車のイメージカラーのイエロー、インテリアはブラックでコーディネイト。シートは本皮仕様となる。

価格は、ベースモデルの28.0万円高、275.0万円。

(webCGカネヨシ)

「フォードお客様相談室」
TEL:0120-125-175(フリーダイアル)

 
フォード「エスケープ」に限定モデルの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 「フォード・クーガ」を語り尽くす<PR> フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
ホームへ戻る