スズキのバイク「GS1200SS」に新色追加

2001.08.24 自動車ニュース

スズキのバイク「GS1200SS」に新色追加

スズキは、硬派で無骨なイメージを追及したという1200ccバイク「GS1200SS」に、赤/黒ツートンのカラーリングを追加設定、2001年8月6日から販売を開始した。

新たに追加された赤/黒ツートンのカラーリングは、1980年の「鈴鹿8時間耐久レース」で優勝したレーシングマシーン「GS1000R」に使われたものの復刻版。そもそも「GS1200SS」は、1980年代の耐久マシンをモチーフに、2001年2月に誕生したばかりのモデル。往年のカラーリング復活で、かつての二輪レースファンに訴える。

価格は、従来の「サターンブラックメタリック」モデルより1.0万円高の91.0万円。
(webCG クラタ)

スズキ「GS1200SS RED/BLACK」:
http://www1.suzuki.co.jp/motor/GS1200SS_SP/index.html

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。