オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破

2001.08.27 自動車ニュース

オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破

2001年8月に誕生10周年を迎えたオペル「アストラ」シリーズ。1991年8月12日に第1号車が誕生して以来、現在までに世界での累計生産台数が700万台を突破した。

オペル「アストラ」シリーズの初代(1991-1998)は「カデットE」(生産台数380万台)の後継モデルとしてつくられ、442万台生産。1998年春にデビューした2代目アストラは、すでに259万台が販売された。オペルでは初めて、ボディ全体に亜鉛メッキ加工を採用し、またECOTECエンジン(心地よいドライブフィールと低燃費を謳う)を搭載した車である。

現在、日本市場においては、ヤナセが1993年にオペル車を取り扱うようになってから2001年7月末までの約8年間で、87743台販売。ハッチバック、セダンワゴン、2ドアクーペ、など(合計8モデル)をバリエーション展開している。

(webCGカネヨシ)

 
オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破の画像

関連キーワード:
アストラセダンオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.3.25 試乗記 オペルベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    2003年3月24日、オペルの中核モデル「ベクトラ」に、5ドアハッチバックの「GTS」が加わった。スポーティイメージを訴求し、「ベクトラの本命」と謳われる新型に、webCG記者が箱根で乗った。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
  • 日産プリメーラハッチバック(6MT)【海外試乗記】 2003.3.13 試乗記 日産プリメーラハッチバック(6MT)

    新生ニッサンを象徴するモデルのひとつとして、その斬新なデザインがデビュー時に話題になった「日産プリメーラ」。わが国ではセダンとワゴンのみだが、欧州では5ドアハッチも用意される。webCGエグゼクティブディレクターは、プリメーラの5ドア版が大いに気に入って……。


  • メルセデスベンツS600L(5AT)【ブリーフテスト】 2003.3.29 試乗記 ……1580.0万円
    総合評価……★★★★




ホームへ戻る