オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破

2001.08.27 自動車ニュース

オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破

2001年8月に誕生10周年を迎えたオペル「アストラ」シリーズ。1991年8月12日に第1号車が誕生して以来、現在までに世界での累計生産台数が700万台を突破した。

オペル「アストラ」シリーズの初代(1991-1998)は「カデットE」(生産台数380万台)の後継モデルとしてつくられ、442万台生産。1998年春にデビューした2代目アストラは、すでに259万台が販売された。オペルでは初めて、ボディ全体に亜鉛メッキ加工を採用し、またECOTECエンジン(心地よいドライブフィールと低燃費を謳う)を搭載した車である。

現在、日本市場においては、ヤナセが1993年にオペル車を取り扱うようになってから2001年7月末までの約8年間で、87743台販売。ハッチバック、セダンワゴン、2ドアクーペ、など(合計8モデル)をバリエーション展開している。

(webCGカネヨシ)

 
オペル「アストラ」、生産台数700万台を突破の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アストラセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)【試乗記】 2002.7.26 試乗記 オペル・ベクトラ2.2プレミアム(5AT)
    ……362.0万円

    凝った造形のサイドミラーばかり(?)が話題になったオペルのミドサイズモデル「ベクトラ」。尻すぼみ気味だった日本とはうらはらに、欧州でのベストセラーとして成功を収めた2代目ベクトラがフルモデルチェンジを受け、3代目に進化した。webCG記者がハコネで乗った。


  • オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)【試乗記】 2003.6.14 試乗記 オペル・ベクトラGTS2.2(5AT)/ベクトラGTS3.2(5AT)
    ……361.0万円/458.0万円

    GMグループの最新プラットフォーム「イプシロン」に、斬新なデザインのボディを載せた「オペル・ベクトラ」。セダンに続いて、「GTS」とのサブネームを付けた5ドアハッチの日本導入が開始された。“スポーティ”を謳うニューベクトラに、『webCG』エグゼクティブディレクターの大川 悠が乗った。


  • オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.8.7 試乗記 オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)
    ……429.0万円

    オペルのフラッグシップ「オメガ」。日本での2002年モデルは、17インチタイヤにスポーツサスを組み合わせた「オメガワゴン スポーツ」のみがラインナップされる。フロントグリルが新しい大型ワゴンに、webCG記者が試乗した。


  • オペル・オメガワゴンMV6(4AT)【ブリーフテスト】 2001.8.14 試乗記 ……464.0万円
    総合評価……★★★★




  • 「谷口信輝の新車試乗」――BMW 540i Mスポーツ(前編)NEW 2017.3.23 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中のレーシングドライバー谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回のテーマは新型「BMW 540i」。全方位的進化を遂げた“駆けぬける歓び”を、谷口はどう評価するのだろうか?
ホームへ戻る