第33回:Eタイプ、アマゾン、フェアレディ。家で名車ムービーを
夏休みに観たいクルマ映画DVD

2012.08.10 エッセイ

第33回:Eタイプ、アマゾン、フェアレディ。家で名車ムービーを夏休みに観たいクルマ映画DVD

『籠の中の乙女』
第33回:ジャガー、アマゾン、フェアレディ。家で名車ムービーを−夏休みに観たいクルマ映画DVD

メルセデスが戦車扱いの家

猛暑の続く中、映画で涼みたい! でも、ありきたりのホラーはイヤだ……というなら、オススメは『籠の中の乙女』(8月18日公開)だ。ジャンルとしてはファミリー映画なのだが、これがめっぽう怖い。観ていて驚きのあまり3度も声を上げてしまった。舞台となるのは夫婦と長男、姉妹2人の家庭なのだが、少し様子が変なのだ。食卓で母親に塩を渡してもらうのに、「電話をとってくださる?」などと妙なことを言っている。

この家では、子供たちは外に出ることを禁じられている。塀の外は怪物たちが暴れまわる恐ろしい世界で、一歩出ると食い殺されてしまう、と教えられている。だから、電話で外部と連絡するのはご法度なのだ。

外の世界に行けるのは、父親の乗る「メルセデス・ベンツ」だけである。この家族にとっては、クルマは戦場を突破するための戦車のようなものなのだ。確かに、現実の世界にも多くの危険があり、害をなす人間もいる。だからといって完全に隔離することで問題が解決するわけもなく、逆に内部にさまざまなひずみを生じさせる。平和な家族の風景の中には暴力の種がまかれ、破局に向かって緊張を高めていく。

暑い中を映画館に行くことさえ厭(いと)わしいという方のために、新着DVDをご紹介しよう。「ジャガーEタイプ」が重要な役割を持つ映画が2本そろった。『Time/タイム』と『わらの犬』だ。Eタイプというのは、映画の中ではスノッブでスタイリッシュなスポーツカーという記号性を強く帯びた存在らしい。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。