プリメーラにスポーティバージョン登場!

2001.08.30 自動車ニュース
 

プリメーラにスポーティバージョン登場!

日産は、2001年8月28日、プリメーラ”ITドライビング”セダン&ワゴンに、2リッター直4ツインカム204psユニットと6段MTを組み合わせたスポーティバージョンをリリースした。グレード名は、セダンが「20V」、ワゴンが「W20V」。



 

「20V」「W20V」に搭載されるのは、可変バルブリフト&タイミング機構付2リッター直4DOHC「SR20V(NEO VVL)」ユニット。204ps/7200rpmの最高出力と、21.0kgm/5200rpmの最大トルクを発生する。新シリーズ「QR」系ではなく、レースユニットとしても活用される「SR」系を使ったところがミソ。ちなみに、ノーマルプリメーラの「QR20DE」ユニットの出力は、150ps/6000rpmと20.4kgm/4000rpmである。
増大したアウトプットに合わせ、フロントブレーキおよびマスターシリンダーのサイズアップによりストッピングパワーも向上。もちろん、足まわりは専用チューニングだ。

エクステリアはメッシュタイプのフロントグリル、7本スポークタイプの17インチホイール、スモーク色ヘッドランプで差別化される。インテリアは、ブラック基調とし、アルミペダルでスポーティさを強調する。
「20V」「W20V」の専用カラーはスパークリングシルバー(メタリック)と、ルミナスレッド(メタリック)の2色。ノーマルペイントと合わせて全6色となる。

価格は、「20V」が239.0万円。「W20V」が249.0万円。いずれもトランスミッションは6MTのみである。

(webCGカネヨシ)

お問い合わせ
日産自動車フリーダイヤル:0120-315-232

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 第27回 どれもこれも似たり寄ったり!? 2017.1.31 エッセイ 清水草一の話題の連載。第27回は「どれもこれも似たり寄ったり!?」。果たして4気筒ディーゼルエンジンに快音はあるのか!? BMW、ボルボ、マツダ……、さまざまなブランドのディーゼルユニットを比較した筆者が導きだした結論とは?
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
ホームへ戻る