プリメーラにスポーティバージョン登場!

2001.08.30 自動車ニュース
 

プリメーラにスポーティバージョン登場!

日産は、2001年8月28日、プリメーラ”ITドライビング”セダン&ワゴンに、2リッター直4ツインカム204psユニットと6段MTを組み合わせたスポーティバージョンをリリースした。グレード名は、セダンが「20V」、ワゴンが「W20V」。



 

「20V」「W20V」に搭載されるのは、可変バルブリフト&タイミング機構付2リッター直4DOHC「SR20V(NEO VVL)」ユニット。204ps/7200rpmの最高出力と、21.0kgm/5200rpmの最大トルクを発生する。新シリーズ「QR」系ではなく、レースユニットとしても活用される「SR」系を使ったところがミソ。ちなみに、ノーマルプリメーラの「QR20DE」ユニットの出力は、150ps/6000rpmと20.4kgm/4000rpmである。
増大したアウトプットに合わせ、フロントブレーキおよびマスターシリンダーのサイズアップによりストッピングパワーも向上。もちろん、足まわりは専用チューニングだ。

エクステリアはメッシュタイプのフロントグリル、7本スポークタイプの17インチホイール、スモーク色ヘッドランプで差別化される。インテリアは、ブラック基調とし、アルミペダルでスポーティさを強調する。
「20V」「W20V」の専用カラーはスパークリングシルバー(メタリック)と、ルミナスレッド(メタリック)の2色。ノーマルペイントと合わせて全6色となる。

価格は、「20V」が239.0万円。「W20V」が249.0万円。いずれもトランスミッションは6MTのみである。

(webCGカネヨシ)

お問い合わせ
日産自動車フリーダイヤル:0120-315-232

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産プリメーラ20V(6MT)【試乗記】 2001.9.7 試乗記 日産プリメーラ20V(6MT)
    ……266.2万円

    6600rpmで、バルブのタイミングもリフト量も切り替わる204ps「SR」ユニットを搭載したプリメーラ。「いったい何のため?」 疑問を抱いた『webCG』記者が、ハコネで乗った。


  • 日産グロリア300TX(4AT)【ブリーフテスト】 2000.12.21 試乗記 ……419.0万円
    総合評価……★★★




  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • トヨタ、新型小型車「ルーミー」「タンク」を発売 2016.11.9 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月9日、ハイトワゴンタイプの新型小型車「ルーミー」と「タンク」を発表し、販売を開始した。ルーミーとタンクは、広々とした空間“Living”と余裕の走り“Driving”を掛け合わせた「1LD-CAR(ワンエルディーカー)」がコンセプトの小型車である。
  • ダイハツから新型小型車「トール/トールカスタム」が登場 2016.11.9 自動車ニュース ダイハツ工業は2016年11月9日、新型小型乗用車「トール」「トールカスタム」を発表し、販売を開始した。「家族とのつながり」をキーワードとして、「子育てファミリーの日常にジャストフィットするコンパクトファーストカー」を目指して開発されたモデルである。
ホームへ戻る