新「エクスプローラー」、発売

2001.08.31 自動車ニュース

新「エクスプローラー」、発売

フォードジャパンリミテッドは、2001年10月1日、新型エクスプローラーを発売する。

旧型の転倒問題を考慮してか、ニューモデルのキャッチフレーズは、「すべての乗員が安全かつ快適にどこにでも行けるアメリカンパワフルSUV」。グレードは「エディバウアー」「XLT」の2つ。エンジンはエディバウアーが4.6リッターV8SOHC(242ps)、XLTが4リッターV6SOHC(213ps)。両エンジンとも、米国低排出ガス規制(LEV)基準をパスしている。トランスミッションは、いずれも5AT。
コントロールトラックと呼ばれるオンデマンド式4WDを採用。同システムは電子制御ユニットによって、路面や走行状況に応じて、自動的に前後の動作配分を最適化する。またスイッチ操作によって4X4を「オート」、「ハイ」、「ロウ」に切り替え可能。
先端テクノロジーを積極的に取り入れることで、乗用車テイストの強い乗り味がウリ。ワンタッチでフラットに折り畳めるリアシートやガラスハッチ付きリアゲートなど、使い勝手にも配慮した。

価格は、
・エディバウアーが452.0万円
・XLTが382.0万円

(webCGカネヨシ)

フォードお客様相談室:TEL0120-125-175

 
新「エクスプローラー」、発売の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2016.3.24 試乗記 「フォード・エクスプローラー」の最上級モデル「エクスプローラー タイタニアム」に試乗。高効率をうたうターボエンジンや充実の装備がもたらす、走りの質をリポートする。
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • 第3回:フォード・クーガ(森 慶太) 2016.6.1 特集 フォードならではの美点が端々に感じられるミドルサイズSUV「クーガ」。正規販売の終了が間近に迫った今、あらためて2リッターターボエンジンを搭載した上級グレード「タイタニアム」に試乗し、その実力を徹底的に確かめた。
  • 第1回:フォード・クーガ(渡辺敏史) 2016.6.1 特集 間もなく日本での正規販売が終了となるフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今あらためてこのクルマの実力を検証。2リッターモデルを借り出し、“うるさがた”のユーザーをも魅了するというその走りの出来栄えを確かめた。
  • 第2回:フォード・クーガ(高山正寛) 2016.6.1 特集 グローバル市場ではもちろん、日本市場でも重要視されるSUVのマーケット。そこに投入されたフォードのミドルサイズSUVが「クーガ」である。日本市場における現行モデルの変遷を振り返るとともに、輸入SUVとしての“お買い得度”を検証した。
ホームへ戻る