「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

2001.09.03 自動車ニュース
 

「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

三菱自動車は、「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」に「車いすセルフトランスポート仕様車」を設定し、2001年8月28日に発売した。



 

「車いすセルフトランスポート仕様車」は、下股に障害のある方の、車いす収納時の煩わしさを軽減する自動収納装置を持つこれは、運転席に設けられたスイッチを操作すると、
(1)ハッチバックもしくはトランクが自動的に開き、ロボットアームが運転席脇まで伸びる
(2)ロボットアームのホルダーに車椅子を固定。
(3)スイッチ操作によって車椅子をラゲッジルームに収納する。
というもの。
そのほか、オプション装備として車いすから運転席への乗り降りの負担を軽減する「運転席回転シート」(14.5万円)、ブレーキとアクセルを手で操作できる「運転補助装置」(16.0から19.8万円)などが用意される。



 

目標販売台数は、ランサーセディアワゴン、ディアマンテともに10台/月。価格は、いずれもノーマル車の約100万円高となる。
ランサーセディアワゴン
・1.8リッター:247.8から312.8万円
・1.8リッターターボ:287.8から307.8万円
ディアマンテ
・2.5リッター:332.8から427.8万円
・3.0リッター:424.8から502.5万円
(webCGわたなべ)

お客様センターTEL:0120-324-230

http://www.heartyrun.com/

関連キーワード:
ランサーセディアワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 三菱「ランサーセディアワゴン」に特別仕様車 2002.2.7 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディアワゴン」に特別仕様車「スポーツエディション」を設定し、2002年1月28日より販売を開始した。
  • 三菱、「ランサーセディア」「ランサーセディア ワゴン」をマイナーチェンジ 2001.6.4 自動車ニュース 三菱自動車は、2000年5月にデビューしたセダン「ランサーセディア」とそのステーションワゴン「ランサーセディア ワゴン」に新グレードを追加、装備変更などを行った。宴塔Tーセディア」は2001年5月29日から、「ランサーセディアワゴン」は6月9日から発売する。今回の変更の目玉は、「ランサーセディアワゴン」に、1.8リッター直4GDIターボを搭載したモデル「T-Touring」が追加されたこと。搭載されるのは、すでに「パジェロio」で採用済みの4G93型で、165ps/5500rpmと22.4kgm/3500rpmを発生する。エンジン出力の向上にあわせ、サスペンションには、専用のチューニングが施された。また、フロントブレーキは14インチから15インチに拡大され、リヤブレーキも8インチのドラム式から14インチのディスク式に変更された。タイヤサイズは、195/55R15で、NAモデル「Touring」と変わらない。「T-Touring」を含めた「Touring」シリーズは、「ランサーエボリューションVII」に設定されるボディカラー、ダンデライオンイエロー、パルマーレッド、ピレネーブルーの3色が選べるようになった。一方、「ランサーセディア」の変更点は、1.5リッターGDIエンジン(100ps/6000rpm、14.0kgm/3500rpm)を搭載する「MX」系グレードに、廉価版として直憤エンジンではない1.5リッターユニット(90ps/5250rpm、13.6kgm/3750rpm)を加えたこと。それにより、価格は「MX」が4.0万円、「MX-E」が10.0万円、マイナーチェンジ前より安い、それぞれ、119.8万円と129.8万円。さらに、これらの2グレードには、5段MTが新たに設定され、上記のCVT搭載車より7.5万円安い、112.3万円と122.3万円のプライスタグをつける。また、1月に発売された特別仕様車「MX-E Limited」を「EXTRA」に、「MX-S Limited」を「SALOON」と名称を変更し、グレード体系に加えた。これに伴い、1.5リッターエンジンの最高級グレード「MX-S」は、廃止された。セダン、ワゴン共通の改変として、スポーティーグレード「Touring」のフロントグリルは、ボディと同色化された。三菱がメーカーオプションで用意する総合ナビゲーションIーディオシステム「MMCS」のナビゲーションが、CD-ROM方式からDVD方式に、オーディオがカセットからMDへ変更された。価格は、「ランサーセディア」が112.3万円〜203.8万円。「ランサーセディアワゴン」が149.8万円〜203.8万円。(webCG 平山)三菱自動車「ランサーセディア」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/LANCER-CEDIA/同「ランサーセディア ワゴン」:http://www.mitsubishi-motors.co.jp/CEDIA-WAGON/
  • 三菱ランサーエボリューションワゴンGT(4WD/6MT)/GT-A(4WD/5AT)【試乗記】 2005.9.10 試乗記 三菱ランサーエボリューションワゴンGT(4WD/6MT)/GT-A(4WD/5AT)
    ……359万1000円/353万8500円

    三菱が誇るスポーツモデル“ランエボ”にステーションワゴンが加わった。9代目にしてシリーズ初登場となった、ワゴンの性能をサーキットで試す!


ホームへ戻る