「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

2001.09.03 自動車ニュース
 

「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

三菱自動車は、「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」に「車いすセルフトランスポート仕様車」を設定し、2001年8月28日に発売した。



 

「車いすセルフトランスポート仕様車」は、下股に障害のある方の、車いす収納時の煩わしさを軽減する自動収納装置を持つこれは、運転席に設けられたスイッチを操作すると、
(1)ハッチバックもしくはトランクが自動的に開き、ロボットアームが運転席脇まで伸びる
(2)ロボットアームのホルダーに車椅子を固定。
(3)スイッチ操作によって車椅子をラゲッジルームに収納する。
というもの。
そのほか、オプション装備として車いすから運転席への乗り降りの負担を軽減する「運転席回転シート」(14.5万円)、ブレーキとアクセルを手で操作できる「運転補助装置」(16.0から19.8万円)などが用意される。



 

目標販売台数は、ランサーセディアワゴン、ディアマンテともに10台/月。価格は、いずれもノーマル車の約100万円高となる。
ランサーセディアワゴン
・1.8リッター:247.8から312.8万円
・1.8リッターターボ:287.8から307.8万円
ディアマンテ
・2.5リッター:332.8から427.8万円
・3.0リッター:424.8から502.5万円
(webCGわたなべ)

お客様センターTEL:0120-324-230

http://www.heartyrun.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)【試乗記】 2006.10.24 試乗記 三菱コルト・ラリーアート Version-R(FF/5MT)
    ……230万4750円

    三菱のコンパクトカー「コルト」のスポーティグレードである「ラリーアート・バージョンR」MTモデルで、ホットハッチの鍛えられた走りを味わった。


  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • 三菱「ランサーセディア」にスポーティな特別仕様車 2002.6.3 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」と「ランサーセディアワゴン」に、スポーティさを演出した特別仕様車「スポーツエディション」を設定、2002年5月29日に発売した。さらにランサーセディアに新グレードを追加し、同日販売を開始した。
  • 三菱「ランサーセディア・セディアワゴン」を改良 2003.2.27 自動車ニュース 三菱自動車は、「ランサーセディア」「ランサーセディアワゴン」を大幅改良し、2003年2月26日から販売を開始した。
  • 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)【試乗記】 2004.11.27 試乗記 三菱コルトプラス スポーツ-X(CVT)/コルトプラス ラリーアート(CVT)
    ……185万3250円/191万1000円

    「コルト」の派生車種として当初から計画されていながら、「事件」のために投入時期が遅れてしまったユーティリティワゴンの「コルトプラス」。三菱の再生の行方を占う久々のニューモデルに『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。


ホームへ戻る