「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

2001.09.03 自動車ニュース
 

「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」車いす仕様車を発売

三菱自動車は、「ランサーセディアワゴン」「ディアマンテ」に「車いすセルフトランスポート仕様車」を設定し、2001年8月28日に発売した。



 

「車いすセルフトランスポート仕様車」は、下股に障害のある方の、車いす収納時の煩わしさを軽減する自動収納装置を持つこれは、運転席に設けられたスイッチを操作すると、
(1)ハッチバックもしくはトランクが自動的に開き、ロボットアームが運転席脇まで伸びる
(2)ロボットアームのホルダーに車椅子を固定。
(3)スイッチ操作によって車椅子をラゲッジルームに収納する。
というもの。
そのほか、オプション装備として車いすから運転席への乗り降りの負担を軽減する「運転席回転シート」(14.5万円)、ブレーキとアクセルを手で操作できる「運転補助装置」(16.0から19.8万円)などが用意される。



 

目標販売台数は、ランサーセディアワゴン、ディアマンテともに10台/月。価格は、いずれもノーマル車の約100万円高となる。
ランサーセディアワゴン
・1.8リッター:247.8から312.8万円
・1.8リッターターボ:287.8から307.8万円
ディアマンテ
・2.5リッター:332.8から427.8万円
・3.0リッター:424.8から502.5万円
(webCGわたなべ)

お客様センターTEL:0120-324-230

http://www.heartyrun.com/

関連キーワード:
ランサーセディアワゴン三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱ランサーセディアワゴン T-Touring & Rallyart Edition(4AT)【試乗記】 2001.6.7 試乗記 三菱ランサーセディアワゴンT-Touring /Rallyart Edition(4AT)
    ……189.8/209.8万円

    2000年11月の発表以来、月平均3100台(2001年4月まで)を売る好調ランサーセディアワゴン。2001年5月29日に、1.8リッターGDIターボモデル「T-Touring」が加わった。自動車ジャーナリスト、森 慶太が報告する。


  • スバル・レヴォーグ2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.12.7 試乗記 スバル独自の4WD機構がかなえる、高い運動性能が自慢のスポーツワゴン「レヴォーグ」。300psの高出力と400Nmの大トルクを発生する高性能グレード「2.0GT-S EyeSight」に試乗し、マイナーチェンジを経た“最新版”の、進化のほどを確かめた。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記
  • ホンダ・スーパーカブ50(MR/4MT)/スーパーカブ110(MR/4MT... 2017.11.18 試乗記