ロードスター「NR-A」のプロトタイプを公表

2001.09.04 自動車ニュース

ロードスターのレース用ベースモデルを公表

マツダ(株)は、2座オープン「ロードスター」1.6リッターモデルをベースにした、ナンバー取得可能なモータースポーツ入門モデル「NR-A」のプロトタイプ(試作車)を公表した。市販車の発売は、2001年12月を予定する。実現すればトヨタ・ヴィッツ、スズキ・ケイスポーツに続き、公道走行も可能なナンバー付き車両によるワンメイクレースが開催されるはずだ。ヴィッツ、ケイスポーツと比較して大きな排気量、そしてFR(後輪駆動)モデルゆえ、高い人気が予想される。

「NR-A」は、1.6リッターDOHCエンジンを搭載し、サスペンションやブレーキが強化され、ラジエーター容量もアップされる。価格は、モータースポーツ初心者でも、手軽にレースに参加できるように、200万円程度に抑えられるという。
オプションとして用意される、マツダスピード「NR-Aパック」(6点式ロールケージ/4点式シートベルト/シートベルトアンカー/前後大型引フック)を装着すれば、JAF(社団法人:日本自動車連盟)公認「NR-A」カテゴリーのロードスターワンメイクレースに出場することができる。

2001年9月8日(土)には、茨城県は筑波サーキットで開催される、毎年恒例の「ロードスターフェスタ」において、「NR-A」プロトタイプがお披露目されるはずだ。

(webCGワタナベ)

 
ロードスター「NR-A」のプロトタイプを公表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る